あなたの食卓に「笑顔を運ぶ」お皿です。

ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。

スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新しく、昨年は日本初の個展を開いた彼の新しいコレクションに、今度はお皿が加わりました。

名前もそのまま「FACE PLATES」。

似てる人、いるかも。

6つの個性豊かな表情を浮かべるお皿たちは、それぞれ色も形もサイズも違います。

みんなでご飯を食べるときも、ひとりで食べるときも、こんなに表情豊かなお皿といっしょだったら、ふと笑顔になれそう。

もう二度と、食卓が「ひとりで寂しい」なんてこともありません。

このお皿たちは、数々のアート作品をプロデュースする「Case Studyo」とのコラボで実現したもの。以前も「Bright Idea」という、頭が電球になった人間型ライトをコラボ発売しました。

Case Studyoは、「またJean Julienとコラボしたい」とずっとアイデアを温めていたのだそうです。Jeanがお皿用のイラストを送ってくれたときに「これこそ製品化すべきものだ!」と思ったのだそう。

「アートとして飾ってもいいかもしれませんね。でも私たちとしてはやっぱり、毎日の食卓で使ってほしいんです」

と、Case Studyoの担当者。

アレンジ次第で
表情もコロっと変わる。

Jeanが作品のなかでもよく描いている、ぐるぐるの髪の毛に縦長の鼻をした人の顔が入っているのも、ファンには嬉しいところ。

どのお皿に盛ろうかな?
顔のどこに食べ物を載せようかな?

と考える楽しみがあり、毎日違った表情が楽しめます。もちろん、ホームパーティでも活躍してくれそうです。ちなみに、1枚60.50ユーロ(約7,500円)、6枚セットで302.50ユーロ(約37,000円)で販売されていますよ。

Licensed material used with permission by Case Studyo and Jean Jullien
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
自然で愛らしい笑顔は、同性から見ても魅力的なもの。あなたも誰かの心をつかみたいと思ったら、まず笑顔の作り方のトレーニングから始めてみてはいかがでしょう? ...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
心温まる動画をご紹介。
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で、K-POPを楽しんでいるお客さんたちがセルフィースナップに協力してくれました。疲れがふき飛ぶような素敵な笑顔、お楽しみ...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
「笑顔」は、相手に安心感を与えるだけでなく、見ている周りの人までもハッピーな気分にさせてくれます。ここでは、そんな「笑顔のチカラ」を感じられる5つの記事を...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
ひたすらに純粋無垢。ファンタジー溢れる。ピュアで胸キュン。これらの写真の良さは色々な言葉で表現できます。が、正直言うと、あえて説明する必要もない気がしてい...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
思わず、皿の上に手が伸びてしまいそうなくらい、美味しいディナープレートのご紹介。スマホの画面を通しても、いい香りが鼻先に届いてきそうな、この雰囲気が伝わり...
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...