世界のみんなの「笑顔の理由」を撮り続けているフォトグラファー

あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?

ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる174の理由)」というプロジェクトを立ち上げ、人々の笑顔の写真を撮り続けています。

もちろん、人によって笑顔になる理由はさまざま。ここでは、16人の「笑顔の理由」を見ていきましょう。

私が笑顔になるのは
踊るとき

「舞台の幕が上がるとき、踊るとき、観客の前に出るとき。私はいつも笑っているわ」
ーーAlina Raduさん

笑顔は気持ちの
ブーメランだろ?

「笑顔のないボクなんて、想像がつかないよ。ボクにとって、笑顔はパワーだ。人の気持ちを変えられるんだよ。もしボクたちみんなが、自分の幸せを他の人に伝えられる力を持っているって考えたら…。それってすごく価値のあることじゃないかい?笑顔は気持ちのブーメランなのさ!」
ーーDjango Desencadenadoさん

私の目を通して
世界を見てみない?

「もしもあなたが私の目を通して世界を見たなら、絶対に笑顔になるはずよ」
ーー Biua Buさん

君が笑うと
世界が笑う、ってね

「なぜ、僕が笑顔でいるのかって?それは笑顔でいる理由が1000個あって、そうしない理由もまた1000個あるからです。僕は幸せと笑顔を選びました。ルイ・アームストロングも言っていましたよね。“君が笑っているとき、世界中が君に笑いかけているよ”って」
ーー Alex Vasilacheさん

僕は「笑い」を愛してるんだ

「私は、毎日笑っています!私の笑顔は、ストリートパフォーマーという職業の一部でもあります。でも、理由はそれだけではありません。私が笑いを愛しているからでもあります。笑顔でいる人ほど、愛を感じられます。ぜひ、私と一緒に笑いましょう!」
ーー Vasile Enisorさん

世界はもっと良くなる

「笑顔は健康のしるしですし、何よりもっと良い世界を信じたいからです」
ーー Marius Cimpoaeさん

笑いのない1日なんて
考えられない

「笑顔に勝る最高の喜びを僕は知らないし、笑いのない一日なんて考えられないからさ。どんな気分のときでも、僕は心の底から笑っているよ。笑えば笑うほど、幸せになるんだ」
ーーBogdan Beluさん

笑顔は価値ある
アクセサリーよ

「人生は素晴らしいからよ。正直、決して簡単なものじゃない。でも、山あり谷ありで脚光を浴びることもあって、そして本当に大切なことがあって、とてもチャーミングよね、人生って。

私の笑顔のウラには、決して平坦じゃない人生が詰まってるわ…。でも本当に神さまには感謝している。私に、毎朝起き上がる強さを与えてくれたんだから。笑顔はとても価値あるアクセサリーよ。だから私は笑顔を“身にまとう”の。Smile!」
ーーKrämer Anamaria Rutさん

言葉を使わなくても
最高の「会話」になる

笑顔って何だろうね。僕の答えは『人の心に一番早く届く方法』だよ。笑顔を交わすと、たとえ言葉を使わなくたって最高の会話になる。心からの笑顔をもらったら、その人の魂を感じるだろう?だからみんな、笑うべきなんだ。どうしてかって?それは、とても大切で、そして僕のことを気にかけてくれる人たちに囲まれて生きているからさ。僕は、好きなことをして日々を過ごしている。笑顔があれば、誰かの一日を幸せに変えることだってできるんだ。だからほら、笑おうよ!」
ーー Rob Pavicsitsさん

笑顔にはパワーがあるの

「笑うっていうとてもシンプルなことが、人と人とを繋ぐの。笑顔にはパワーがあるわ。どんな暗闇にも光を差し込むことができる。笑いましょうよ、光にあふれた世界が見たいから」
ーー Alexandra Uşureluさん

生きている限り
僕らは笑うことができる

「私は、大変なときだって笑顔でいるんだ。寒空の下で凍えているときだってね。だって、生きていること自体が幸せだからさ!ぼくはたまに、暖かいところで15分くらい過ごすんだけど、すぐにその場を離れなきゃいけなくなる。なぜならホームレスだから、周りの人たちが嫌がるんだ。人生は、たくさんの困難であふれている。でも生きている限り、僕らは笑うことができるんだよ」
ーールーマニアのアラドで出会ったホームレス

僕がいて、彼女がいる。
それで十分だろ?

「笑顔の理由かい?彼女がいるから僕は笑うし、僕がいるから彼女は笑うんだ」
ーー Julius Muellerさんとガールフレンド

笑顔でいたほうが
健康的に過ごせるの

「いま私は、心の底から笑っているわ。ありがとう!笑顔でいたほうが、健やかに過ごせるの。だから毎朝笑っているのよ」
ーー マドリードで出会った女性

自分の人生を
誇りに思っているから

「自分の人生が大好きだからです。私はいま、自分の夢を叶えようと努力をしている途中。だから私は、自分のことを誇りに思えるし幸せなんです」
ーー Mirae Jungさん

美しくてクレイジーな
人生を選ぶんだ

「何か悪いことがあった日にできる一番クールなことは、とにかく笑うことだよ。周りの人にも笑顔を振りまくんだ。そうすると段々と心が癒されてくる。美しい一日をなんだか醜い理由で台無しにするなんて、もったいないじゃないか。だから僕はいつも、困難を乗り越えてポジティブでいようと頑張るんだ。つまり僕は、自分にとってもみんなにとっても良いことがあるように、と笑顔になる。たまにクレイジーに見えることもあるかもしれないけど、ぼくはこの美しくてぶっ飛んだ人生を選ぶよ」
ーー マドリードで出会った男性

夢に向かって1歩
踏み出せたから

「好きなことのために時間をつくることが、とても重要だと思っています。好きなことは、いつでも私たちを笑顔にしてくれますからね。私が笑顔でいる理由は、夢に向かってはじめの一歩を踏み出せたから」
ーー Lavv Laviniaさん

「毎日笑顔で過ごそうよ!」

「人生は、笑顔になる理由で溢れているんだ。だから文句を言うんじゃなくて、毎日を明るく過ごそうよ、って伝えたいんです。現代の私たちは、笑うことや幸せでいることを忘れているんじゃないかな、と思うことがたくさんあります。だからこのプロジェクトがたくさんの人の心に届けばいいな、と願っています」

そう語るのは、写真家のマンタさん。今まで様々な都市で笑顔を撮ってきた彼ですが「まだまだ、ほんの序章だよ。もっと撮りたいんだ。だって、世界にはもっとたくさんの笑顔があるはずだからね!」と。

「ただ、今はちょっと資金が足りなくてね…。ずっと自分ひとりでやりくりしてきたんだけど、段々大変になってきたんだ。このプロジェクトに共感して、協力してくれる人がいたらいいんだけどね」

Licensed material used with permission by 174 Reasons to Smile
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
おなじ笑いでも、英語で言うところの「Smile」と「Laugh」ではまったく意味が違う。声を出すか出さないか以前に、“Smile”にはどこか作為的というか...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
無表情とスマイル。こんなにも印象が変わるものか…と思わず驚いてしまうこのプロジェクトに取り組んでいるのは、インドやオーストラリアを拠点に活動するカメラマン...
ナショナル・ジオグラフィック、ロンリープラネット、BBCなどをクライアントとするフォトグラファーPascal Mannaerts。もう10年以上にわたって...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
「笑顔」は、相手に安心感を与えるだけでなく、見ている周りの人までもハッピーな気分にさせてくれます。ここでは、そんな「笑顔のチカラ」を感じられる5つの記事を...