「ある希望」を抱いて、犬の写真を撮り続けるフォトグラファー

SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250万人を超えるような“アイドル犬”が誕生するためには、それなりの数の撮影と投稿が必要になるだろう。

ここで紹介するニューヨークのフォトグラファー、リチャード・フィッブスも、2012年から犬のポートレイトを撮り続けている人物。ただしその目的はやや特殊。彼が構えるカメラの先にいるのは捨てられた犬たちばかりだ。

01.
Little Lowell

B2434dd45f1550751e79c756d08e92816c85aabb

© Richard Phibbs 

02.
Herschel

9f549b32210efc8e090b42c22bac92559eac3e7e

© Richard Phibbs 

03.
Chelsea

96123a99102ebae939911f0f5ec3a62b7ef30c01

© Richard Phibbs 

04.
Davey

8f1017ef77d4988eab20d41f94f650cf3f77d0af

© Richard Phibbs 

05.
Zeppy

18264c67c746bce5227e26bcbb70efda185464f3

© Richard Phibbs 

06.
Nuno

7f1e5b067a3b72d5a3993e113629dbfa0421bd27

© Richard Phibbs 

07.
Leo

6fe1284b51daa464b1f4d87937eb958532969894

© Richard Phibbs 

08.
Yoko

F2b227f66b38aeffd0d95411e117cad506bc14ea

© Richard Phibbs 

09.
Hamilton

223fa9b2a29fb35f03789d24fb18ea6f08eef079

© Richard Phibbs 

10.
Finn

60c358b3d0ec30e49d3171fed85845c1ffcfd139

© Richard Phibbs 

11.
Cedric

Ebc30b934ae380fd54ff04428284e90ae976b985

© Richard Phibbs 

12.
Cookie

780ee4e976e5d409a8f4e06a9785b56f1dc137a7

© Richard Phibbs 

13.
Hugo

Abb514db33123bc63e24718aa15ab8fa964a3899

© Richard Phibbs 

見てのとおり、中には目や脚を失ってしまった犬も。Instagramでよく見かける飼い犬たちのようにイキイキとした表情をしている、とは決して言えないかもしれない。

それでも、新たな引き取り手を見つけるべく、彼は写真を撮り続けている。

「僕は、見るものを悲しませるためにホームレス犬の写真を撮っているわけじゃない。目標はただひとつ。みんなが家を見つけることなんだ」

このたび、それらの一部をまとめた1冊の本『Rescue Me』を出版。価格は今なら13.56ドル(約1,500円)で、売り上げの一部は動物保護団体に寄付される模様。購入はこちらから。

Licensed material used with permission by Rescue Me
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
見た瞬間にヤラれてしまった。驚いている表情、眠たそうな表情、おどけている表情、すねてる表情、穏やかな表情、嬉しそうな表情、すましている表情、おねだりしてる...
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...