「ある希望」を抱いて、犬の写真を撮り続けるフォトグラファー

SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250万人を超えるような“アイドル犬”が誕生するためには、それなりの数の撮影と投稿が必要になるだろう。

ここで紹介するニューヨークのフォトグラファー、リチャード・フィッブスも、2012年から犬のポートレイトを撮り続けている人物。ただしその目的はやや特殊。彼が構えるカメラの先にいるのは捨てられた犬たちばかりだ。

01.
Little Lowell

© Richard Phibbs 

02.
Herschel

© Richard Phibbs 

03.
Chelsea

© Richard Phibbs 

04.
Davey

© Richard Phibbs 

05.
Zeppy

© Richard Phibbs 

06.
Nuno

© Richard Phibbs 

07.
Leo

© Richard Phibbs 

08.
Yoko

© Richard Phibbs 

09.
Hamilton

© Richard Phibbs 

10.
Finn

© Richard Phibbs 

11.
Cedric

© Richard Phibbs 

12.
Cookie

© Richard Phibbs 

13.
Hugo

© Richard Phibbs 

見てのとおり、中には目や脚を失ってしまった犬も。Instagramでよく見かける飼い犬たちのようにイキイキとした表情をしている、とは決して言えないかもしれない。

それでも、新たな引き取り手を見つけるべく、彼は写真を撮り続けている。

「僕は、見るものを悲しませるためにホームレス犬の写真を撮っているわけじゃない。目標はただひとつ。みんなが家を見つけることなんだ」

このたび、それらの一部をまとめた1冊の本『Rescue Me』を出版。価格は今なら13.56ドル(約1,500円)で、売り上げの一部は動物保護団体に寄付される模様。購入はこちらから。

Licensed material used with permission by Rescue Me
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...