「ある希望」を抱いて、犬の写真を撮り続けるフォトグラファー

SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250万人を超えるような“アイドル犬”が誕生するためには、それなりの数の撮影と投稿が必要になるだろう。

ここで紹介するニューヨークのフォトグラファー、リチャード・フィッブスも、2012年から犬のポートレイトを撮り続けている人物。ただしその目的はやや特殊。彼が構えるカメラの先にいるのは捨てられた犬たちばかりだ。

01.
Little Lowell

© Richard Phibbs 

02.
Herschel

© Richard Phibbs 

03.
Chelsea

© Richard Phibbs 

04.
Davey

© Richard Phibbs 

05.
Zeppy

© Richard Phibbs 

06.
Nuno

© Richard Phibbs 

07.
Leo

© Richard Phibbs 

08.
Yoko

© Richard Phibbs 

09.
Hamilton

© Richard Phibbs 

10.
Finn

© Richard Phibbs 

11.
Cedric

© Richard Phibbs 

12.
Cookie

© Richard Phibbs 

13.
Hugo

© Richard Phibbs 

見てのとおり、中には目や脚を失ってしまった犬も。Instagramでよく見かける飼い犬たちのようにイキイキとした表情をしている、とは決して言えないかもしれない。

それでも、新たな引き取り手を見つけるべく、彼は写真を撮り続けている。

「僕は、見るものを悲しませるためにホームレス犬の写真を撮っているわけじゃない。目標はただひとつ。みんなが家を見つけることなんだ」

このたび、それらの一部をまとめた1冊の本『Rescue Me』を出版。価格は今なら13.56ドル(約1,500円)で、売り上げの一部は動物保護団体に寄付される模様。購入はこちらから。

Licensed material used with permission by Rescue Me
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...