タンザニアの「闇」と戦い続けるフォトグラファー

「タンザニアでは、アルビノ(※)の人たちは”悪”だと考えられています。中には、彼らを殺害すると幸運が訪れると信じる人まで。そのため、捕まえたら報奨金が支払われるという闇取引が存在するのも事実。

出産したばかりの女性は、子どもがアルビノであったら、命を絶つように言われます。拒否したら、子どもと母親は社会から隔離されるのです」

あまりにショッキングな内容を信じたくはないけれど、これらは同国で代々受け継がれてきた迷信であり、それを信じるがゆえ存在する現実だと、フォトグラファーMarinka Masséus氏。だからこそ、自身の写真を通して社会に一石を投じているのだと言います。

※先天性の遺伝子疾患。白い皮膚・体毛をしているのが特徴

明けても暮れても
屋内に引きこもらなければいけない

そもそも、非常に敏感な肌であるがゆえ、極力太陽光を避ける必要があるというアルビノの人たち。そうした理由があるとはいえ、タンザニアでは冒頭で述べた通り、誘拐や暴行のリスクがあるため、部屋にこもるしかないという現状があるようです。

彼らを保護するためのシェルターはあります。が、Marinka氏によると、基本的なインフラが整っていないこともあり、社会との交流を断ち切るため、ほぼ隔離状態で暮らさなければいけないのだとか。

澄み切った彼らの「美」は
社会の闇を浄化する

現状を知ったMarinka氏は、隔離するだけの政策は何の解決にもならないと考え、アルビノの子どもたちの一点の曇りもない美しさを捉えることにしました。

そこには、彼らへの理解をもっと深めてほしい、現状を知ってほしいという想いがあるはず。僕は彼らのことをもっと知りたくて、情報を調べました。

Under The Same Sun」によると、アルビノの子は欧米では約1/20,000の確率で産まれるそう。タンザニアではより高まり、約1/1,400。

タンザニアでは彼らのことをZeru Zeruと呼ぶ人がいるようです。これは、現地の言葉で”幽霊”の意。

2006年から彼らに対する暴行が、28ヶ国で520件以上ありました。そのうち、タンザニアで起きているのは170件以上。

誘拐され、人身売買されることも。未だに迷信があるせいか、高額で取引されるそう。

アフリカで暮らすアルビノの人にはガンになってしまう人が多く、40年以上生きることができるのは、約2%だとか。

差別があることに気づいた世界中のアーティストが、不平等をなくすように訴えているそう。

未だに存在する闇を照らした氏の写真。多くのコンテストで高く評価されているようです。

Licensed material used with permission by Marinka Masséus(HP), (Facebook), (Instagram)
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
晴れて爽やかな朝であっても、会社に行くのが憂鬱だったらどんよりした顔にもなってしまいます。上司と上手く行かなかったり、社内で差別を感じたりなど、悩みは人そ...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...