「もっとも重要なことは、諦めないこと」。差別や偏見と戦う人たちへ、NASA女性職員からのメッセージ

ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあっただろう。少なくとも、NASAでは1960年代からアフリカ系アメリカ人女性が活躍していたらしい。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの演説「I Have a Dream」が1963年であることを考えると、彼らの取り組みは先駆的なものだと言えるかもしれない。

さて、ここで紹介したいのは、そんなNASAの公式HP内のコンテンツ「Modern Figures」。現在活躍中の女性エンジニアや女性宇宙飛行士にインタビューを実施し、これからの未来を作る人たちへ、偏見に打ち勝つためのアドバイスがまとめられている。

NASAの影のヒロインたち

そもそも、この「Modern Figures」の元になったのは、昨年末にアメリカで公開され、アカデミー賞にもノミネートされた作品『Hidden Figures』。NASAで「人間コンピューター」と呼ばれたアフリカ系アメリカ人女性たちの活躍を描いている。

HPによると、映画の内容はややドラマチックになっているものの、間違いなく当時から女性たちは活躍していたとのこと。多様性を受け入れることはNASAのミッションであったため、性別や人種、宗教などに関係なく様々なバックグラウンドを持った人たちが働いていたらしい。言うまでもなく、今でも完全な平等を目指している。

1960年代にNASAが月へ行くことを試みていた時には、アフリカ系アメリカ人女性たちが活躍し、それを成し遂げた。しかし、これからの未来には「Modern Figures」が必要になるとのこと。だからこそ彼らは、HPに女性エンジニアや女性宇宙飛行士から寄せられたアドバイスをまとめている。

ここでは実際に公開されている映像の中から、3人をピックアップして紹介しよう。

01.
宇宙飛行士
Jeanette Epps

勉強しても分からないことや難しいことはたくさんあると思う。それに時間と努力をつぎ込まないといけないかもしれない。この先、つまずくことはあるかもしれないけれど、理解できないということではありません

02.
計装技術者
Christina Diaz

キャサリン・ジョンソン(人間コンピューターと呼ばれた人物の1人)の姿勢は1950~60年代の考え方を大きく変え、私の支えにもなりました。彼女たちが打ち勝った偏見に比べれば、私たちが乗り越えるべき障壁は低いはずです

03.
航空宇宙工学エンジニア
Maria Caballero

もっとも重要なことは諦めないこと。さらに、周りの偏見にも負けないこと。エンジニアになる勉強をしている時に女性を見ることが少ないからといって、あなたができないという意味ではないはずです

もし、なんらかの偏見にさらされ、悩みを抱えている人がいたら、HPをチェックしてみてはどうだろうか。実際に苦難を乗り越えた彼女たちから、力強いエールがもらえるはすだ。

Licensed material used with permission by NASA
1960年代、NASAで活躍し「人間コンピューター」とも呼ばれた女性たちの活躍を描いた映画『ドリーム』(原題「Hidden Figures」)。その映画を...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、有効なHIV治療を受けているので、人に感染させることはありません。治療...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...