「目隠し姿のHIV感染者」に人々が寄せたメッセージ。あなたなら何と書きますか?

ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止めた人々が彼に書いたメッセージとは?文面はもちろん、書く人の表情や仕草にも注目です。

様々な人が寄せる
愛のメッセージ

「私たちがついてる」

「気を強く持って、人生のために戦うのよ」

「あなたの勇気には価値がある」

「愛は勝つ!」

「優しさは世界を変えられる」

「僕らはいつでも君の味方だよ、笑顔を忘れずに」

「君が誰か、何を持っているかじゃなくて、何をするかが大事だよ」

メッセージを寄せた後に、しっかりとハグをしてくれる人も。

「問題ない、それでも貴方は世界に一人だけの貴方!」

「それでも貴方は素敵よ」

「君は僕で、僕は君」

中にはイタリアやスペインなど、他の国から来た人の言葉もあります。握手や微笑みをくれたり、優しく言葉をかける人も多く、老若男女様々な人がメッセージを寄せてくれました。

目隠しをしているので、心ない言葉を書かれるリスクもあります。しかしボードにあったのは、あたたかなメッセージばかり。思わず涙が浮かびます。

HIVの感染者は、隣にいたり会話するだけで感染するという誤った知識の広まりのせいでお店に入れてもらえないなどの差別を受けた歴史があります。実際に私も幼少期を過ごした海外で、HIV感染者と同じ場所にいるのは危険だと言われたり、「異性愛者でないから」「買春や薬をしているから」感染するといった偏見を耳にしたことも。

今では、教育の場で正しい知識が広められ、それらの誤解は少しずつ解けてきています。性行為や血液感染、母子感染などが主な感染経路で、日常生活を共にする程度であれば問題ないことも広く知れ渡り始めています。

しかし、残念ながら彼らに対する偏見は、いまだに存在しているのではないでしょうか。もし、この場にあなたがいたとしたら、どんなメッセージを書き、なんと声をかけますか?

Licensed material used with permission by Shape History
他の記事を見る
2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、有効なHIV治療を受けているので、人に感染させることはありません。治療...
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
NYの町中に設置されていた黒板。赤い字でこんなメッセージが記されていました。一番後悔していることを書いて:この手の社会実験は、よくインターネットでも紹介さ...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
「とってもキレイだね」もしも、突然誰かにこう言われたら、あなたはどんな気持ち?ここに紹介する動画の中に、その答えが隠されています。シカゴの女子高生の社会実...