【ほっこり】郡山駅の黒板に書かれた「受験生へのメッセージ」

一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。

ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写真。そう、翌日はセンター試験初日です。

そこには、こんなことが書かれていましたーー。

素敵な気遣いに心が温まる…

以下全文。

平成28年1月 受験生のみなさまへ

いつもJR東日本郡山駅をご利用いただきありがとうございます。今、このメッセージを書いている私も、数年前はみなさんと同じように受験生でした。その頃、私には夢がありました。

学校ではもちろん、帰宅後もたくさん勉強しました。通学途中の電車での数分間も友だちといっしょに予習・復習。時には、参考書を片手にうたた寝をして降りる駅を寝過ごしてしまうなんてこともありました。そして迎えた試験当日。最後まであきらめず全力で取り組みました。

現在、私は駅員のひとりとして働いています。これから夢に向かうみなさんのために駅での仕事を通して微力ながらもお力添えができれば幸いです。そして、そのような仕事に出会えたことを誇りに思っています。

残念ながら、あの頃抱いていた夢は叶えることができませんでしたが、道はひとつではありません。みなさんが今持っている夢や目標のために、ぜひ全力で取り組んでほしいと思います。きっと何かが見えてくるはずです。郡山駅社員一同、心より応援いたしております。 郡山駅

これは、郡山駅の2人の女性駅員が「受験生に少しでもエールを送りたい」と書いたもの。黒板はセンター試験の2日間、特別に駅構内に設置されたようです。もし自分が受験生だったらと思うと…泣きそうになるくらいありがたい心遣いですよね♪

@3pei1111さんのこのツイートに対しては、「うるっときました」「心が温かい」「道は一つではない!人生でとても大切なことですよね」といった賞賛のコメントが続々。何もかもデジタルな時代だからこそ、黒板にチョークで書くという“アナログさ”が、温かみを増長させています。

ちなみに改札付近では、「使い捨てカイロ」と手作りメッセージカードの入った「ポケットティッシュ」も配布されたのだそう。郡山駅のみなさん、もう素敵すぎ!

Licensed material used with permission by @3pei1111
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。