学校がなくなった福島・飯舘村に、笑顔を取り戻すための「ダンボール迷路」

福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人までいなくなってしまった。

2017年3月31日をもって全避難指示が解除され、2018年5月31日現在、5777人まで回復。しかし、いまだもって全7校あった教育施設は移転したままで、ようやく1校が開校したところ。子ども達のためのイベントもない。

そんな飯舘村に少しでも元気を取り戻すべく、先日7月21日(土)に、1日限りの「ダンボール迷路」が作られた。

道の駅に
巨大なダンボール迷路

4705392391094272
©2018 までい館 子ども向けイベント実行委員会

2017年の夏、まさに東日本大震災復興の拠りどころとしてスタートした「いいたて村の道の駅までい館」。

その広場に現れた巨大なダンボール迷路は、既成品ではなくこのイベントのためだけに設計されたもの。当初15m×15mだったところ、この夏の暑さを考慮して、少し小さめになったという。

沿岸部や福島市の
子ども達にも来てほしくて

5948768360857600
©2018 inagaki masanori
「までい館 こども向けイベント実行委員会」代表の林直史さん

「企画したのは、僕たち『までい館 こども向けイベント実行委員会』という任意団体です。メンバーのなかにはこの付近で移動販売をしている者がいて、実際に肌でこういったイベントを求める住民のみなさんたちの声を聞いていました。この村に子ども向けのイベントがなく、教育施設もほとんどないことを知っていたので、なにか子ども達を喜ばせることができないか、という思いでプロジェクトが始まったのです」

と、実行委員会代表の林直史さん。

「この道の駅は、福島市と南相馬市を結ぶ道路にあります。飯舘村の子ども達だけではなく、沿岸部や福島の子ども達も来てくれたらいいなと思って企画しました」

4786465737277440
©2018 inagaki masanori

ダンボールで
クリエイティブに遊ぶ

4959965773037568
©2018 inagaki masanori

ダンボール迷路の難易度は、3種類。

一番難しい水色の迷路は、気温が低ければ中央部分も使ってさらに難易度を上げる予定だったものの、夏真っ盛りだったこともあってこの形に。オレンジを1分以内にさっとこなせるのがわかると、真っ先に緑、青に飛び込んでいく子ども達が印象的だった。

ちなみにダンボールの場合、組み替えが簡単だというメリットもある。実際にやってみて簡単すぎるところや難しすぎるところに手を加えることができるそうだ。

5299891563659264
©2018 inagaki masanori

さらに、ダンボールで出来ることは、迷路だけでもない。ダンボールクラフト体験も人気だった。

「業者に問い合わせたところ、テーブルやおもちゃ用のダンボールにも取り組んでいたので、いろいろな形でダンボールで遊んでもらえるような広場にしました。手も頭も動かすことができて、クリエイティブに遊べるかなと」

1日も早く「つながり」を

4711535737831424
©2018 inagaki masanori

「東日本大震災によってバラバラになってしまった子ども達同士のつながりを、もう一度つなげたい、という思いでやっています。子ども達の居場所が、まだまだないのが現状なので」

と林さん。

飯舘村の子ども達が、一日も早くつながりを取り戻せるよう願ってやまない。

イベント名:「みんなであそぼう!つくろう!ダンボールパーク」

開催日:2018年7月21日(土)
開催場所:福島県 いいたて村の道の駅 までい館

Top image: © までい館 子ども向けイベント実行委員会
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
茹でてクタクタになった素麺が激変!
福島県・裏磐梯(うらばんだい)。ここに絶景スポットのひとつ「五色沼」があります。磐梯山の噴火により、火山性の水質が流入したこの湖は、季節や時間、天候、見る...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
休耕地で、染料である藍を育て、藍染めをつくるプロジェクトが始まっています。福島県大玉村は、もともと藍染めで有名な村だったわけではありません。震災後、稲作を...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...