人口がゼロになった福島の町で、20代が酒蔵をつくる

「お酒というカジュアルな接点から、今なお続く社会課題に思いを馳せるきっかけをつくりたい」

そんなコンセプトで、東日本大震災による避難で人口が一時ゼロになった福島県南相馬市小高区に、2021年2月頃、「haccoba」という名の酒蔵兼バーがオープンするという。

haccobaでは、日本酒の製法をベースに、ビールの原料である“ホップ”を使ったお酒など、クラフトビールのような自由な醸造スタイルでお酒を醸(かも)していく。第一弾のホップを使ったお酒は、東北の一部地域に伝わっていたとされる「花酛(はなもと)」という伝統製法に基づいたものになる予定。

南相馬市小高区は、今では徐々に交通機関や商店が戻り、人々の営みが再開され始めている。しかし、人口は震災前の約1/3程度にとどまり、風評による被害なども今なお残っているなど、課題は山積みだ。

一方で、見方を変えれば、ゼロからのまちづくりにチャレンジできる、世界的に見てもまれに見る最先端な場所。

地域の人にとっての“新しいコミュニティ”となり、地域外の人が“社会課題へ思いを馳せるツール”になることを目指しているという新たなスポットの完成が今から楽しみだ。

現在、応援購入サイト「Makuake」にて販売中の「試験醸造酒」2種類も要チェック。

©2020 株式会社haccoba
©2020 株式会社haccoba
©2020 株式会社haccoba

haccoba(ハッコウバ)』

【Makuakeプロジェクトページ】​https://www.makuake.com/project/haccoba/ 

Top image: © 2020 株式会社haccoba
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
東日本大震災によって被害を受けた、東日本の食産業の長期支援を目的として活動を続ける「東の食の会」が、福島県いわき市の体験型農場「ワンダーファーム」と連携し...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...