うどん県の新名物は「和三盆ラム酒」

うどん、オリーブとともに香川県を代表する特産品といえば、和三盆。上品な甘さと極上の口どけが特徴の国産高級砂糖だ。この和三盆の製造行程で出てきた「糖蜜」を使ってつくるラム酒を紹介したい。

「和三盆をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできたラム酒」という長ったらしい商品名、ただし(仮)。なぜならこの和三盆ラム酒は、まだ試作品だから。

©Makuake

原料となるサトウキビは竹糖(ちくとう)と呼ばれる四国の在来種で、香川県と徳島県の一部でのみ栽培されている。その竹糖から採った蜜でつくるのが和三盆だが、製造工程において、糖蜜が使いきれずに捨てられている事実がある。なんとももったいない話。

「糖蜜を使ってラム酒がつくれないだろうか……」

讃岐和三盆の老舗と酒造メーカーがタッグを組み、プロジェクトが動き出したのが2019年のこと。希少な原料から採った蜜でつくられたプロトタイプは、2020年秋、ホワイトラムとしてリリースされた。

味わいは、ラム酒特有の癖が少なくスッキリとしているそうで、柑橘を絞ったソーダ割りがおいしいらしい。

和三盆糖蜜100%使用したクラフトラム。香川県を代表するプロダクトに成長するかどうかにも注目だが、「まずは飲んでみたい」という人。応援購入サービス「Makuake」にて、買えますよ。

©Makuake

『和三盆をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできたラム酒』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/wasanbon-rum/

Top image: © Makuake

※この記事は、2020年9月19日18:00時点にて内容を一部修正しております。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
今回は奥渋にある「MEALS are DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル )」。ここのラムバターパンケーキがめっちゃ気になる!っちゅうことで...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。
日本初となるラム骨を100%使用した「ラム骨らぁ~麺専門店 らむね屋」が、8月11日より新宿にオープン。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。