うどん県の新名物は「和三盆ラム酒」

うどん、オリーブとともに香川県を代表する特産品といえば、和三盆。上品な甘さと極上の口どけが特徴の国産高級砂糖だ。この和三盆の製造行程で出てきた「糖蜜」を使ってつくるラム酒を紹介したい。

「和三盆をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできたラム酒」という長ったらしい商品名、ただし(仮)。なぜならこの和三盆ラム酒は、まだ試作品だから。

©Makuake

原料となるサトウキビは竹糖(ちくとう)と呼ばれる四国の在来種で、香川県と徳島県の一部でのみ栽培されている。その竹糖から採った蜜でつくるのが和三盆だが、製造工程において、糖蜜が使いきれずに捨てられている事実がある。なんとももったいない話。

「糖蜜を使ってラム酒がつくれないだろうか……」

讃岐和三盆の老舗と酒造メーカーがタッグを組み、プロジェクトが動き出したのが2019年のこと。希少な原料から採った蜜でつくられたプロトタイプは、2020年秋、ホワイトラムとしてリリースされた。

味わいは、ラム酒特有の癖が少なくスッキリとしているそうで、柑橘を絞ったソーダ割りがおいしいらしい。

和三盆糖蜜100%使用したクラフトラム。香川県を代表するプロダクトに成長するかどうかにも注目だが、「まずは飲んでみたい」という人。応援購入サービス「Makuake」にて、買えますよ。

©Makuake

『和三盆をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできたラム酒』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/wasanbon-rum/

Top image: © Makuake

※この記事は、2020年9月19日18:00時点にて内容を一部修正しております。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
今回は奥渋にある「MEALS are DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル )」。ここのラムバターパンケーキがめっちゃ気になる!っちゅうことで...
香川県の地域資源「讃岐うどん」を作り、楽しみながら学べる食育教材「さぬきうどん英才教育キット」が販売中。大人もハマる本格仕様が話題。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ロッテ」から、日本の土地柄を活かして醸造されたお酒を用いた、新チョコレートブランド「YOIYO」が登場。第一弾として、長野県「マルス信州蒸溜所」とコラボ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...