この冬限定、「ちょっとエッチな日本酒」

着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。山口県・美祢市に酒蔵を構える大嶺酒造とイラストレーターたなかみさきさんのコラボレーションにより誕生しました。

このコラボ、きっかけは30年も前に遡ります。大嶺酒造のスタッフが当時、日本酒に描かれたあるセクシーなイラストを見て、「いつかうちも……!」と、アイデアを温めてきたのだそう。そして2018年、お酒をこよなく愛すという、たなかみさきさんとの出会いで、長年のアイデアが実現のものとなったのです。

中身は、マスカットのような甘酸っぱさとお米の旨味が絡んだにごり酒。お刺身や鍋に合うとのことで、友人と鍋パでも開いて一緒に飲めたらいいんだろうな。こんなに可愛いイラストをひとり占めするなんて……気分もその姿もちょっと変な感じになりそうですものね〜。

気になる人はこちらをチェック。12月15日から既に販売されているのでお早めに。

©2018 ohmine_tanaka misaki

1800ml 4,000円/720ml 2,400円(どちらも箱付き、税抜き価格)

Top image: © 2018 ohmine_tanaka misaki
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...