壁の穴から「ラム肉」が!?一度見たら忘れられないCM

おいしいものは、どんなときでも人々の心をつなぐ……。

それを象徴するかのような、ユニークな広告をご紹介しよう。

舞台は、2031年のオーストラリア。コロナ禍をきっかけに、オーストラリアの州境は巨大な壁によって分断されていた。

ある日、壁から漂ういい匂いに気づいた老人。彼を取り締まろうとしていた警備担当者も匂いに誘われ、壁の穴をこじ開ける

すると、壁の向こうからおいしそうなラム肉を差し出す手が。ラム肉をひと口食べた老人からは、満面の笑みがこぼれる。

その表情を目撃した人々が、ラム肉を求めて壁に大勢で群がった結果、圧に押されて壁は崩壊。10年に渡り分断されていたオーストラリアは、ふたたび平和的な統一国家としての道を歩むのであった。

© Australian Lamb/YouTube

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルで公開されたコチラは、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。

まるでコメディのような仕上がりになっているが、その想いは至って真面目

「オージー・ラム(オーストラリア産仔羊肉)だけが、国境を打ち破り、バーベキュー台を囲んで州をひとつにする力を持っています。なぜなら、私たちを団結させるものは、私たちを分断させるものよりもおいしいからです。ラムをシェアしよう

どこまでもラム推しな同メーカーだが、それもそのはず。

オーストラリアは、世界でも有数の高品質ラム肉の産地であり、衛生面においても非常に安全であることが認められているからだ。

見えない壁に分断されている今の世の中も、おいしいものがつないでくれますように。

Top image: © iStock.com/robynmac, iStock.com/Cunaplus_M.Faba
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
今回は奥渋にある「MEALS are DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル )」。ここのラムバターパンケーキがめっちゃ気になる!っちゅうことで...
日本初となるラム骨を100%使用した「ラム骨らぁ~麺専門店 らむね屋」が、8月11日より新宿にオープン。
2月中旬、「グランド ハイアット 東京」は、プレミアムラム肉「モッタイナイラム」を日本で初めて導入した。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...