お祭り気分ばかりが「宝くじのCM」ではない。たとえばスペイン編

11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベントだということは百も承知、だけど…。

ハイテンションの押し売りばかりで辟易(へきえき)しているみなさんへ。同じ「宝くじ」を題材にしたものでも、スペインで制作されたこの動画なら、見終わった後に充足感が訪れるに違いない。

喜びを分かち合うことが
何よりのしあわせ。

 もしも、宝くじで一等賞に当選したら…。

誰だって一度くらい、こんな妄想に取り憑かれ、夢物語を熱く語ったことがあるはずだ。見たこともないような大金を手にする権利を得たとき、それが自分だったなら、誰どどのように喜びを分かち合うだろう。

至福の瞬間が訪れた(実際には…)とき、このおばあちゃんのとった行動に注目しながら見て欲しい。

すべては、
大きな勘違いから始まった

33398b78a55e31bf1059cc631f8cc1d9ab1bd01c489d8360010e86b6b68246ae4e30496d6279cb72

小さな田舎町を舞台にしたこの物語。学校の先生を辞め、隠居生活を送るCarminaおばあちゃんが、宝くじで400万ユーロ(約4億6,000万円)に当たったと勘違いするところから、すべてが始まる。

70fdf9c5b5765379605b1e629c2fff722387a66b605cfa4cab8d7c7e8a0eb836f005f8a26194f1b1

彼女のあまりの喜びように、本当のことが言えなくなってしまった家族。しばらくの間、彼女の勘違いに付き合うことに。これが、町中の人たちを巻き込んだ、大じかけのお祝いパーティーへと発展していく。

68db238fcec1dc6e1965019fb646660e6c582fb16ab2078dae1e48643ca596dbba5ba8bd6f067671

Carminaおばあちゃんの無茶ぶりに奔走する家族。けれど、住民たちは誰ひとりNOと言わずに家族に協力する。なぜなら町のほとんどの人が、彼女の教え子だったから。

94e94072326c73f8b8bb56d8512bccfbf2350a68A4d349c7eef5f1e951c6aca72cf5288060c2f644

いよいよ最後の場面になって、息子が本当のことを伝えようとする。

「じつは、言わなくちゃいけないことがあるんだ」。

すると、息子の言葉をさえぎるようにCarminaおばあちゃん。

「あんたの言わんとすることは分かる。でもね、私はこの当たりくじを黙ってあんたが受け取ってくれたら。それが一番のしあわせなの」。

 

09d07a15d33627e5fbe365cf856c356720e97695

喜びをみんなと分かちあおうとするCarminaおばあちゃんの姿勢が、結果として彼女の勘違いに巻き込まれた、すべての住民たちをしあわせにすることができた、というのがオチ。

高額当選のチャンス!と期待感をアゲに上げるのも、たしかに戦略のうち。でも、こちらはその期待感を「もしも本当に当選したならば…」、で見せてくれた。

単純に良し悪しではなく、手法のひとつとして、こんな年の瀬も悪くないでしょ。

Licensed material used with permission by Loterias
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
ここで紹介するのは、54億円が当たった瞬間をおさめた貴重な動画。わずか26秒ですが、人が歓喜する様子を鮮明に捉えています。「ギャー」「オーマイガー」宝くじ...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は彼のスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
毎年、クリスマスシーズンになると巷で話題となるのが、イギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のTVCM。商品広告は一切なく、心があったかくなるショート・スト−リ...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。なかでも、2015年11月5日に公開された『Man On The Moon』は...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
簡単に言えば、コリン・キャパニックの起用は成功でした。
あえて、先に種明かしをしてしまえば、この120秒少々の動画は、ただのガムのCM。だけど、それが分かっていても、胸の奥のざわめきを感じるはず。恋する気分を思...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.38
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...