宝くじ換金忘れ、6700万円。オーストラリアが意外なモノに投資!

宝くじに当せんしたにもかかわらず、換金を忘れてしまっている人が多くいる。日本でも話題になりますが、どうやらオーストラリアでも同じような人がたくさんいるそうです。

同国の南東部に位置するニューサウスウェールズ州の法律では、このお金を公共サービスに利用できるそう。……となると、図書館や病院などにお金が回されるのかなと想像していたのですが、なんと彼らはジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBORN』に資金をつぎ込んだんです。しかも、約6700万円。映画の上映権などを得られたとのこと。

なんでだよ?と思って調べてみると、この映画のロケが主にオーストラリアで行われていたのが背景にありました。

まあ、どんな背景があったとしても、オモシロい動きですよね。

Top image: © iStock.com/Kritchanut
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
ここで紹介するのは、54億円が当たった瞬間をおさめた貴重な動画。わずか26秒ですが、人が歓喜する様子を鮮明に捉えています。「ギャー」「オーマイガー」宝くじ...
オーストラリア・クイーンズランド州沖にあるグレートバリアリーフで今、州とUberの共同サービスが展開されています。潜水艦「scUber」で、世界最大のサン...
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
オーストラリア のコメディアン、セレステ・バーバーさんはFacebook上でオーストラリアの森林火災への募金活動をおこない、その額はFacebookの資金...
The Pedestrian Council of Australia(オーストラリア歩行者協議会)が、“歩きスマホ”をする歩行者に対しペナルティを科すよ...
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベント...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
オーストラリアを拠点に活動するスタジオ「yelldesign」から3種類のユニークなクリアパズルが発売。「ウイルス」「水槽」「窓ガラス」をモチーフにした、...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
老舗和菓子処「大角玉屋 銀座店」のみで限定販売される「年末ジャンボ銀座大福」。縁起物としてコアな宝くじファンの間で、ちょっとした話題を呼んでいる。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
3月1日から、オーストラリアのクイーンズランド州で自動車のナンバープレートに「絵文字」を使用することができるようになります。使用可能な絵文字は全5種類。す...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
表側の生地にアウトドア用品でお馴染みの「CORDURAファブリック」を使用。
オーストラリアのフリーマントル市議会は、市内における「バルーンリリース」を禁止する条例を可決。港湾都市として、海や海洋生物など環境に配慮した政策に取り組む。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...