海の男たちに愛される「ラム」。

海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り組みがあります。それはラムを飲むこと

え、ラムを飲む?

ゴミ問題を“飲み込む”
プロダクト

この「From Waste To Wasted - Fitzroy Navy Rum」は、ゴミ問題と向き合うためにつくり出されたラム。チャールズ・ダーウィンが参加した2回目の航海の船、ビーグル号で船長を務めたロバート・フィッツロイにちなんで命名されました。

文字どおり、ゴミ問題だって「おいしく飲み込んでしまおう」というプロダクト。この裏の意味を知った、海を愛する多くの人たちからの支持を得ているというのも納得。

大理石?ではなく、
コカコーラのラベル

一見すると大理石のような重厚さと高級感がある、マーブル模様のキューブ型キャップ。じつはこれ、北海に捨てられたゴミを再利用してつくられたもの。なんでも回収されたゴミのほとんどが、コカ・コーラのラベルだったとか。

もちろん、瓶に使用されているガラスもリサイクルされたもの。シンプルなつくりは、使い終わった後もウォーターボトルとして楽しめそう。

瓶に詰められた肝心のラムは、ジャマイカ、バルバドス、トリニダード・トバゴ産のブレンド種。「ネイビー・スタイル」と呼ばれる、ずっしりとしながらも口当たりなめらかな海の男のブレンドだそうですよ。

こうなると当然、外側の包装紙だって再生紙。中には人魚やクラーケンなど、昔ながらの海のシンボルと、ゴミ問題を合わせるといった、美しくも大胆なイラストが描かれています。

そして、
売り上げは全額寄付

ここもあっぱれですよね。売り上げは北海を守る組織「Dutch North Sea Foundation」に全額寄付されると言うのだから。

コンセプトはもちろん、プロダクト自体がオシャレで魅力的なこのラム。海の男の気分を味わってみたいものです。

Licensed material used with permission by Fitzroy
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...