CORONAのプロモーションから「プラスチックが消えた」理由

180カ国以上に普及するビールブランドCORONA EXTRAは、2017年5月17日以降、ブランドのすべての局面において「フリー・プラスチック」の理念を導入している。世界中で展開されるプロモーションでもプラスチックの代わりに木材が使われ、冷たいビールを提供するのもポリバケツではなく金属製のもの。

実はこれ、NPO団体「Parley for the Oceans」とタッグを組んだ、大プロジェクトの一環なのだ。

「100の島を守る」
プラスチック海洋汚染との闘い

世界で生産されるプラスチックの約85%は、リサイクルされることなく海に流れ込んでいる現実プラスチック容器は数分で使い終えるけれど、そのゴミは500年のあいだ海に残ってしまう。

「海の美しさ」と「その海の儚さ」を同時に発信し、世界中のクリエイターやオピニオンリーダーらと共に、海の破滅を抑止しようと活動を続けるNPO団体「Parley for the Oceans」。

CORONAはこの組織とのコラボを通じて、日々の生活からプラスチックの使用を減らす方法を考案・実施。これに加えてビーチの清掃をつづけ、集めたプラスチックを再利用するプロジェクトを立ち上げた。

目標として掲げられているのは、「2020年までに、100の島を保護する」こと。

具体的には、メキシコ、チリ、イタリア、モルディヴ、オーストラリアといった国々の島で教育プログラムを開催、持続可能なインフラの構築を目指し、その定着を図っているそう。世界中の海岸線1メートルごとに、毎年約16袋分ものゴミが捨てられている現状の改善を目指しているようだ。

プロジェクトには
数多くの著名人の姿も

この取り組みには、クリス・ヘムズワース(オーストラリア)、ディエゴ・ルナ(メキシコ)、ラモン・ノヴァロ(チリ)、ナシュラ・ボガード(ドミニカ共和国)といった多様な国の著名人も参加している。
モルディブで開かれた「パーリィー・オーシャン・スクール」に出席し、海洋汚染について学び感想を述べた。
 パーリィー・オーシャン・スクールに参加したことは目が覚めるような経験だった。人類はプラスチックの乱用によって美しいブルーの楽園を破壊しているという問題に直面させられたね。

──ディエゴ・ルナ

僕は海の中や海辺で人生の大半を過ごしてきた。海は僕の幸せな思い出がある場所なんだ。人類のプラスチック使用は、いかに長い時間をかけないと解決できない程の破壊を海にもたらしていたかということを、このプログラムで改めて感じたよ。

──クリス・ヘムズワース

ビーチフェスティバルでも
リサイクルを徹底

2017年で3周年を迎えたビーチ音楽フェスティバル、「CORONA SUNSETS FESTIVAL」でも、CORONAはプラスチックごみ削減を推進し続けた。

8,000人以上が参加する大規模フェスだったが、会場内ではリサイクル品のプラスチックを用い、使用後はすべて再びリサイクルされる仕組みを採用。

さらに会場内で販売される水はすべて缶で提供し、タンブラーやコップを持参すると無料で水を飲めるウォーターステーションも完備。来場者へのゴミの分別の呼びかけも徹底した。

死にかけた海を、どう守る?

プラスチックによる海洋汚染は、いまやASEANなどの国際会議でも議論に上がる深刻な世界的トピック。

ポイ捨てすることは、消し去ってしまうということじゃない。毎年毎年、私たちは1兆ものビニール袋を使い、事態はますます悪くなっている。

私たちの吸う酸素の実に3分の2は海からやってきているとCORONA × PARLEYは言う。意識するしないに関わらず、私たちは皆つねに海と繋がっているのだ。

美しく神秘的かつ、生きてゆくのに欠くことのできない生命の源である海を、今後どうやって守るのか。この取り組みはその道しるべとなるのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Corona×Parley
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。