【衝撃動画】プラスチックを食べるプランクトン。ポイ捨てしたゴミが、人間に戻ってくる証拠がここに・・・

ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳にした人もいるのではないでしょうか?
TABI LABOでも以前、「ポイ捨て」されたゴミが、動物のお腹に入っていたらどうしますか?といった動画を紹介しましたが、どうやら動物だけでなく、人間のカラダの中にもポイ捨てされたゴミが蓄積されているかも。

衝撃動画!
プラスチックを食べるプランクトン

動画で確認できるのは、食物連鎖の最下層に位置するプランクトンが、プラスチックを食べる姿です。

当然のことながら、プランクトンを魚が食べ、その魚を人間が食べることになります。つまり、プランクトンが食べているプラスチックを、私たち人間は間接的に食べるということになるわけです。plankton-2この衝撃的な動画は、イギリスの「Plymouth Marine Laboratory(プリマス海洋研究所)」が撮影したもの。顕微鏡でしか見えない非常に小さなプラスチックの破片に蛍光色をつけたもので、プランクトンがプラスチックを摂取している様子が分かります。plankton-3動画を制作に携わった「Five Films」のVerity White氏は、ここで紹介しているのはほんの一部でしかないと語ります。それが、全世界の海となれば、一体どれほどのプランクトンがプラスチックを摂取しているのか計り知れないとも。plankton-4話を裏付けるように、海に廃棄されるプラスチックの量は、年間およそ800万トンにのぼると「Eco Watch」では、指摘されています。

さらに「Daily Mail」によれば、そのプラスチックのゴミの半分以上は、中国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、スリランカの5カ国から出ているとか。
プラスチックバッグなどの大きなゴミは、分解されるまで10〜20年かかると言われています。そのままの大きさだと、ウミガメのような大きな動物がクラゲと勘違いして食べてしまい、被害を被ります。plankton-5

もしも分解されて小さくなったとしても、それをプランクトンが食べるので、結局は私たち人間に返ってくるというわけです。その毒素がホルモンを変化させ、いずれ深刻な健康被害を招いていくかもしれません。

海にゴミを捨てるということは、巡り巡って自分たちに帰ってくるということ。
自分たちが食物連鎖の中にいることを、しっかりと思い出させてくれる…そういった意味で、この動画の持つ意味は大きいと感じます。

Licensed material used with permission by FIVE FILMS
Reference:The Daily MailEcoWatch,

関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
プラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖で人間の体まで到達する厄介なシロモノだ。これをなんとか有効活用できないもの...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。