ゴミ山から生まれたレオナルド・ディカプリオ

難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルなアートプロジェクトが「TRASH FOR CASH」だ。

環境にも優しく、ゴミ問題を解決する側面を持つユニークなアートを見ていこう。

#1
レオナルド・ディカプリオ

#2
ファレル・ウィリアムス
×
G-Satr RAW

#3
リアーナ

#4
レナ・ゲルゲ

ドイツのファッションモデル

 #5
クリストフ・メッツェルダー

ドイツの元サッカー選手

#6
ウド・リンデンベルグ

ドイツのロック歌手

#7
Google

#8
Instagram

#9
OMR

ドイツの企業

#10
ドイツ・ハンブルグ市の紋章

これが全部、ゴミなんて信じられる?

サイズと価格について問い合わせてみた。サイズは15cm×15cmからで、400ユーロ(約52,000円)とのことだった。これを高いと感じるか、それとも、安いと感じるかは、あなた次第。

参考のためにプロジェクトの様子を動画でもチェックしてみよう。

Licensed material used with permission by TrashForCash
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。