「ゴミを一切持ち帰らせない」独スーパーの画期的な取り組み

都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包装袋やパックでいっぱい。
「だったら包装しなきゃいいのに…」そんな声が聞こえてきそうな、エコ推進国ドイツの最新事情の紹介です。

店内のものすべて
包装いたしません!

sds

ベルリンに2014年1号店をオープン以来、世界中のエコ意識が高い人々を中心に話題を呼んでいる、食材を一切包装しないスーパー「Original Unverpackt」。すでに、足を運んだことのある人もいるかもしれませんね。

こちらのお店、買い手の方が「これを買いに行こう」と、買うものの予定を立てて訪れないといけません。というのも、量り売りに見合った容器を持参する必要があるからです。面倒くさい?いえいえ、この徹底した“ゴミゼロ”への意識があってこそ、本物のエコ・コンシャスというもの。

容器も袋もすべて持参
標本のようなディスプレイ

11947658_467839040055900_5105173822791883267_n

例えばお米や乾燥パスタ、穀類などは、すべてお客が欲しい分だけを持参の容器に入れる量り売りスタイル。
食品だけではありません。歯磨き粉からシャンプーにいたるまで、ここでは、チューブやボトルではなく、巨大なジャーに入っています。これも、各自がボトルなりジップバックで、好きな分量を入れていきます。

野菜や果物だってそのまま。旅先のスーパーでよく目にする光景でしょう。でも、一般的には傷つきやすい果物だったり、輸入品の一部は過重に包装されていることが多い。ですが、Original Unverpacktでは一切区別なしです。もちろん、袋詰めするためのビニールや紙袋もありません。

リサイクルに出すもの
それ自体を減らせる!

ss

昨今、原油価格の高騰を受けて、パッケージにかかるコストも値上がりする状況。結局は捨てるものにお金をかけるよりも、商品を安く買える方が、地球環境にもお財布にも優しいことは言うまでもありませんよね。

最後に、この店を紹介した「Daily Mail」の記事より、共同経営者二人の熱意が伝わるコメントを抜粋しました。
まずは、Milena Glimbovski氏(24歳)。

「環境破壊とゴミ問題の世代としての画期的なソリューションになると思っています」

廃棄物がでないものを買うことで、リサイクルに出すもの自体を減らすという考えから生まれた言葉を引用するSara Wolf氏。

「この店を訪れることで、プリサイクリングの精神がみんなに浸透して欲しい」

こうした本場の徹底ぶりから、まだまだ見習うべき点がたくさんありそうですね。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by Original-Unverpackt

オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
それでも、ただのゴミとは違います。
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...