独コーヒーショップに広がる「デポジット制タンブラー」の波

環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国といわれるドイツですら、増え続けるゴミの量に追いつかない現状が背景にあったという。

こうした問題を受けて、市内のコーヒーショップが協力し、世界に先駆けるリサイクルキャンペーンを今月から展開中。各国が注目するその取り組みとは?

ペーパーカップでも、
マイタンブラーでもない。
第3の選択肢「Refill It!」

11月1日からスタートしたプロジェクト「Refill It!」をひと言で表現すれば、デポジット制のマイタンブラーを、ペーパーカップやプラスチックカップの代わりに使用する、というもの。

コーヒーショップを利用するお客さんは、まずRefill It!専用の黒いタンブラーを1.5ユーロ(約176円ほど)で購入する。そこに好みのコーヒーを入れてもらう訳だが、飲んだあとはお店にタンブラーを返しデポジットの返金を受けてもいい。

 だが、これだけではショップで提供されるカップに入れてもらうだけで事足りる。Refill It!は、あくまでテイクアウト用。そのまま店外に出て、持ち帰ってもいい。また、キャンペーンに参加している市内の他のショップでコーヒーを入れてもらって飲むことだってできる。このあたり、PASMOやSuicaなどのIC乗車券と原理は同じだ。

ちなみに、ショップに戻ってきた専用カップは、お店がきれいに洗って、誰かのRefill It!として再利用される仕組み。カップの使い回しへの抵抗感がある人は、返却しない、もしくは自分専用のカップやタンブラーを持ち歩けばいいだけの話。

蛇足だが、このタンブラーも100%リサイクル可能な生分解生プラスチックでできている。 

非政府組織のドイツ環境支援協会(DUH)が試算した数字によると、同国では毎時間おおよそ32万個の使い捨てカップがゴミとなっているという。日々の生活にコーヒーが欠かせないハンブルグの人々が、この問題に対して自分たちからアクションを起こす。その足掛かりがデポジット制タンブラーの導入だった。

Refill It!加盟店は、現在のところハンブルグ市内で11店舗。けれど、来年の今頃には、ドイツ全土に広がっている可能性はかなり高いんじゃないかな。

 

Reference:PANTERES
Licensed material used with permission by Refill it
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
「猫舌専科タンブラー」は、熱々の飲み物を約3分で飲みやすい温度にする吸熱剤を内側に使用。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
海外で人気を集めるオンラインフィットネスPeloton(ペロトン)。エアロバイクやトレッドミルを駆使したサービスで本格的なトレーニングができると話題に。利...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
現在「Kickstarter」で情報が公開されている、ある画期的なタンブラーに注目が集まっている。「FLET」と名付けたられたこの製品は、一見普通のタンブ...
北欧・デンマーク生まれのキッチンウェアブランド「BODUM」より、プラスチック素材のダブルウォールタンブラーが登場。スタイリッシュなデザイン性のみならず、...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
発売後即完売となったアイランドジン。沖縄の恵みが詰まっています。
フィリピンを拠点に活動するシンガーソングライター「((( O )))(The Sundrop Garden)」は、太陽光発電で自前のツリーハウススタジオを...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
世界で年間560億個も廃棄されている「ネスプレッソ」のカプセルのゴミ問題に対するソリューションとして発売された「Happy Capsules」。ステンレス...