「猫舌のためのタンブラー」が発売

今月中旬、猫舌のためのタンブラーが発売された。

従来のタンブラーは飲み物の温度がすぐには下がらないため、猫舌の人からは「熱すぎて飲めない」という声も多かった。

そこで開発されたのが「猫舌専科タンブラー」だ。熱々の飲み物を約3分で飲みやすい温度にする吸熱剤を内側に使用しており、そのまま1時間は適温をキープしてくれるという。

簡単に開閉できるスライド式のフタに、80mmの大口径。パーツも分解でき、楽々と隅々まで洗うことができる。

ホワイト、グリーン、ブラック、ピンクの4色展開で価格は2750円(税込)。こちらから購入できるが、いずれのカラーも次回の入荷予定は2021年1月下旬とのこと。

まさか、そんなに多くの人がタンブラーで悩んでいたなんて!

©株式会社ドウシシャ
©株式会社ドウシシャ
Top image: © 株式会社ドウシシャ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
北欧・デンマーク生まれのキッチンウェアブランド「BODUM」より、プラスチック素材のダブルウォールタンブラーが登場。スタイリッシュなデザイン性のみならず、...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
ボリューミーなサイズも可愛いです。
ふとした瞬間、グラスに手が触れ、飲み物がPCにドバッ・・・。そんな悪夢とももうおさらば!大惨事を未然に防いでくれる「絶対に倒れないタンブラー」がブルックリ...
エコ推進が盛んな台湾から、折りたたみ式タンブラー「ペコエコ(pecoeco)」が日本上陸。
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
発売以来、累計32万本を販売した「株式会社ドウシシャ」の「ON℃ZONE(オンドゾーン)」に新バージョンが登場。飲み物をあっというまに氷点下に下げる機能は...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
現在「Kickstarter」で情報が公開されている、ある画期的なタンブラーに注目が集まっている。「FLET」と名付けたられたこの製品は、一見普通のタンブ...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
「GREEN FUNDING」にて販売中のタンブラー付きボトル「Firelight Flask(ファイアーライトフラスク)」は、お酒の味にこだわるだけでな...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
取り付けておくだけで、室内の空気を綺麗にしてくれるカーテン「GUNRID」。2月18日、IKEAが来年までに発売すると発表しました。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。