イギリスの贅沢すぎる「オーク製タンブラー」

英ハンドクラフトメーカー「MijMoj Design Limited」が、オーク(ナラの木)で木製タンブラーを製作した。

アウトドア用?いえいえ、これはウイスキー専用のタンブラー。

©Makuake

オークといえば、ウイスキーやワインを熟成させる樽のひとつ。オーク樽で熟成されたウイスキーは黄金色でバニラやナッツのような香りをつけるほか、オークのタンニンポリフェノールといった成分が独特の風味を付与し、味に深み複雑さをもたらす。

そのオークをタンブラーに用いるという逆転の発想で生まれたのが「MijMojオークタンブラー」。注いで3分ほどで独特の熟成香とともに、甘くて重みのあるフルーティーなアロマが立ってくるという。

©Makuake

側面5mm、底面30mmの丈夫なつくり。人間工学に基づいたデザインで、タンブラーの角は手に馴染むよう丸みがついている。

グラスと比較して「高級感が薄れる?」は、たしかにあるかもしれない。けれど、断熱性はこちらに軍配が上がる。手の熱が中身に影響しにくいばかりか、結露しにくいという利点もある。

そして、使い込むほどに“味”が出てくるのもいい。通常、木製カップにはウレタン塗装が施されるところ、「MijMojオークタンブラー」はあえての無塗装。使い込むほど褐色になる経年変化を楽しむというのも、酒飲みにはたまらない。

そもそもウイスキーには新樽を使って仕込むものと、空樽を繰り返し使ってつくるものがある。それぞれ味の特徴が異なるように、使い続けることでユーザー好みの熟成感を味わってみてはいかがだろう。

メンテナンス用のミツロウクリームとガイド付きで9400円(税込)から。一生モノと思えば、決して高い買い物ではないんじゃない?

©Makuake

MijMojタンブラー

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/oak_tumbler

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
発売以来、累計32万本を販売した「株式会社ドウシシャ」の「ON℃ZONE(オンドゾーン)」に新バージョンが登場。飲み物をあっというまに氷点下に下げる機能は...
エコ推進が盛んな台湾から、折りたたみ式タンブラー「ペコエコ(pecoeco)」が日本上陸。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
「猫舌専科タンブラー」は、熱々の飲み物を約3分で飲みやすい温度にする吸熱剤を内側に使用。
北欧・デンマーク生まれのキッチンウェアブランド「BODUM」より、プラスチック素材のダブルウォールタンブラーが登場。スタイリッシュなデザイン性のみならず、...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...