「キンキンになりすぎる」と話題の「氷点下タンブラー」

キンキンになりすぎるビールジョッキ、タンブラーとして2017年の発売以来、累計32万本を販売した「株式会社ドウシシャ」の「ON℃ZONE(オンドゾーン)」がバージョンアップして再登場。

独自開発した冷却材と真空断熱構造の合わせ技により、冷凍庫で冷やすことで飲み物をあっというまに氷点下に下げることができる。

ちなみに、4℃の缶ビールを約1分ほどで氷点下に急降下&長時間冷たさをキープ。そのあまりの冷たさに「素手で持つのがツラい」とユーザーの声が上がったというのだから、どれほどキンキンか察することができよう。

今回の新タイプは、タンブラー本体を持つ部分をシリコンに、ジョッキはグリップを樹脂製に変更。飲み物は変わらずにキンキンでも、持ち手が冷え切ってしまう心配はなし。

せっかくの花見も、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛ムード。「せめて家飲みは充実させたい!」というときにいかがだろう。

「ON℃ZONE」タンブラー
©株式会社ドウシシャ
「ON℃ZONE」ジョッキ
©株式会社ドウシシャ

タンブラーは3300円(税込)、ジョッキは3850円(税込)。どちらも5色展開。全国の量販店で発売中。

Top image: © 株式会社ドウシシャ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
「猫舌専科タンブラー」は、熱々の飲み物を約3分で飲みやすい温度にする吸熱剤を内側に使用。
北欧・デンマーク生まれのキッチンウェアブランド「BODUM」より、プラスチック素材のダブルウォールタンブラーが登場。スタイリッシュなデザイン性のみならず、...
英ハンドクラフトメーカー「MijMoj Design Limited」が、オーク(ナラの木)で木製タンブラーを製作。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
エコ推進が盛んな台湾から、折りたたみ式タンブラー「ペコエコ(pecoeco)」が日本上陸。
現在「Kickstarter」で情報が公開されている、ある画期的なタンブラーに注目が集まっている。「FLET」と名付けたられたこの製品は、一見普通のタンブ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。