「キンキンになりすぎる」と話題の「氷点下タンブラー」

キンキンになりすぎるビールジョッキ、タンブラーとして2017年の発売以来、累計32万本を販売した「株式会社ドウシシャ」の「ON℃ZONE(オンドゾーン)」がバージョンアップして再登場。

独自開発した冷却材と真空断熱構造の合わせ技により、冷凍庫で冷やすことで飲み物をあっというまに氷点下に下げることができる。

ちなみに、4℃の缶ビールを約1分ほどで氷点下に急降下&長時間冷たさをキープ。そのあまりの冷たさに「素手で持つのがツラい」とユーザーの声が上がったというのだから、どれほどキンキンか察することができよう。

今回の新タイプは、タンブラー本体を持つ部分をシリコンに、ジョッキはグリップを樹脂製に変更。飲み物は変わらずにキンキンでも、持ち手が冷え切ってしまう心配はなし。

せっかくの花見も、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛ムード。「せめて家飲みは充実させたい!」というときにいかがだろう。

「ON℃ZONE」タンブラー
©株式会社ドウシシャ
「ON℃ZONE」ジョッキ
©株式会社ドウシシャ

タンブラーは3300円(税込)、ジョッキは3850円(税込)。どちらも5色展開。全国の量販店で発売中。

Top image: © 株式会社ドウシシャ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
ボリューミーなサイズも可愛いです。
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
ふとした瞬間、グラスに手が触れ、飲み物がPCにドバッ・・・。そんな悪夢とももうおさらば!大惨事を未然に防いでくれる「絶対に倒れないタンブラー」がブルックリ...
フランスの老舗鋳物ホーロー鍋メーカー「STAUB(ストウブ)」より「ヴィンテージフライパン」が復刻発売。
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
この夏定番にしたいとっておきのカクテルを紹介します。ビールよりも夏気分!
アツいに夏に飲みたくなるキンキンに冷えたビール。そんなビールの発祥は、なんと紀元前4000年前のメソポタミア文明時代まで遡るんです。当時のビールは、乾燥し...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」が実施してきた「コロナでお困りの生産者さん」応援プログラムが、週末の5月31日で終了する。
“食べ歩きスタイル”花見の相棒は、シナモンロールが大正解!桜の葉とシナモンにはぺアリングとして◎な理由もあるし、桜の名所のそばには、おいしいベーカリーがけ...
慶應3年(1867年)の創業以来、150年以上にわたって最高級碾茶の産地である京都府城陽市で宇治茶の製造・販売をおこなってきた「碧翆園」が、2月27日から...
それは、人間も、動物も。
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...