日本一贅沢な「金沢おでん」には、あんな具まで入ってる。

静岡おでん、名古屋おでんなど、日本にはさまざまなご当地おでんがあります。でもこの冬はまだあまり知られていない「金沢おでん」に注目すべきです。だって、この時期は贅沢すぎるあんな具まで入るんですから。

11月と12月、金沢の人は
おでん屋でカニを食べる

B5e3e78baaa61676e8a20946b23baa928f94890a

石川県・金沢といえば北陸最大級の都市。加賀料理や寿司など、華やかな料理は多数ありますが、土地の人が日常的に食べているのはおでん。なんでも、NHKの情報番組でリサーチしたところ、石川県が「おでん屋軒数人口比日本一」という結果になったこともあるほど。老舗おでん屋さん「赤玉本店」に聞くと、「1軒めにおでんで飲んで街に繰り出し、最後にまたおでん屋に戻って茶飯で締めるという常連さんもいるほどです」と教えてくれました。

 

そんな庶民の味方、おでんですが、11月と12月だけは高級ネタのカニがおでん鍋に入ります。「カニ面」というおでんダネです。ズワイガニのメスを使い、甲羅の中にカニ身、みそ、卵を詰めるというぜいたくぶり。卵をもつ希少なメスなので、この期間以外は保護のために禁漁となります。

赤巻にバイ貝など
他のネタもちょっと不思議

Bb94346b4206cd46d4ba9b1e6092c4f5a5b386a5

「赤玉本店」(前述)の創業者はもともと洋食のコックさん。その奥様が「女性でもできる仕事を」と、おでんをはじめたそうです。海に囲まれた日本ですが、北陸はとびきり魚介がおいしいところ。かまぼこやちくわなど、魚のすり身を使った練り物が手に入りやすい環境もあり、おでんは金沢の土地にしっかり根づきました。

 

だから、金沢のおでんは“海のもの”のバラエティが豊富。カニや貝(バイ貝)は殻ごと鍋に入る豪快ぶりもすてき! 魚のすり身で作るネタは、つみれやいか天のような定番ネタだけでなく、蒸して作るかまぼこのような「ふかし」、赤いかまぼこのような「赤巻」までさまざまあります。もちろんフキやたけのこなどの“山のもの”も抜かりなくある!

1172d3017f61a554a2d9df3717b4ee3e15137496

昭和初期までさかのぼる
金沢おでんの歴史

687a1bd7503eaa03342f4a61734fc0c322b6b068

そんな金沢おでんですが、その歴史についてはさまざまな説があり、もっとも古いのが「菊一」というお店で、昭和9年創業とのこと。「カニ面」を最初にはじめたのもこちらだという話です。

「赤玉本店」は戦後からおでん屋さんに鞍替えしたので、こちらも相当の老舗です。主に地元の人が普段使いするので、わざわざ「金沢おでん」と名づける必要もなかったのですが、平成になったぐらいから口コミで広まり、「金沢おでん」という名で全国的に知られるようになりました。

金沢の人はこう言う
「金沢で食べてみて!」

64bc144d9a45287c03225b3b52797508e6189048

東京などの都市には石川県の郷土料理を提供するお店はありますが、金沢おでんが食べられるところはほ~んの数軒。都内のアンテナショップで聞いても「あることにはありますが、あの味は金沢でないと」とのこと。現地でいただく、北前船が運んできた昆布を使った澄んだダシの味。それをひと口含めば、確かにローカルフードはその土地で食べるのが一番としみじみ思わされるはず。

「赤玉本店」の女将さんも、「うちはちょっと食べて飲んで1,000円以内。最近は女性お一人のお客様もよく来られます。どなたでもお気軽にお寄りくださいね」と言っていました。

 

1000円以内でこんな贅沢。金沢の人、うらやましすぎます!

Licensed material used with permission by 赤玉本店
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』。これはよくある「工芸展」ではなく、「工芸アー...
旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
「mino」というこのブランドが誕生したのは新潟県五泉(ごせん)市。ここは日本一のニット産地なんだそう。ここで1本1本紡がれた糸でつくるのが、色とりどりの...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...