日本一贅沢な「金沢おでん」には、あんな具まで入ってる。

静岡おでん、名古屋おでんなど、日本にはさまざまなご当地おでんがあります。でもこの冬はまだあまり知られていない「金沢おでん」に注目すべきです。だって、この時期は贅沢すぎるあんな具まで入るんですから。

11月と12月、金沢の人は
おでん屋でカニを食べる

石川県・金沢といえば北陸最大級の都市。加賀料理や寿司など、華やかな料理は多数ありますが、土地の人が日常的に食べているのはおでん。なんでも、NHKの情報番組でリサーチしたところ、石川県が「おでん屋軒数人口比日本一」という結果になったこともあるほど。老舗おでん屋さん「赤玉本店」に聞くと、「1軒めにおでんで飲んで街に繰り出し、最後にまたおでん屋に戻って茶飯で締めるという常連さんもいるほどです」と教えてくれました。

 

そんな庶民の味方、おでんですが、11月と12月だけは高級ネタのカニがおでん鍋に入ります。「カニ面」というおでんダネです。ズワイガニのメスを使い、甲羅の中にカニ身、みそ、卵を詰めるというぜいたくぶり。卵をもつ希少なメスなので、この期間以外は保護のために禁漁となります。

赤巻にバイ貝など
他のネタもちょっと不思議

「赤玉本店」(前述)の創業者はもともと洋食のコックさん。その奥様が「女性でもできる仕事を」と、おでんをはじめたそうです。海に囲まれた日本ですが、北陸はとびきり魚介がおいしいところ。かまぼこやちくわなど、魚のすり身を使った練り物が手に入りやすい環境もあり、おでんは金沢の土地にしっかり根づきました。

 

だから、金沢のおでんは“海のもの”のバラエティが豊富。カニや貝(バイ貝)は殻ごと鍋に入る豪快ぶりもすてき! 魚のすり身で作るネタは、つみれやいか天のような定番ネタだけでなく、蒸して作るかまぼこのような「ふかし」、赤いかまぼこのような「赤巻」までさまざまあります。もちろんフキやたけのこなどの“山のもの”も抜かりなくある!

昭和初期までさかのぼる
金沢おでんの歴史

そんな金沢おでんですが、その歴史についてはさまざまな説があり、もっとも古いのが「菊一」というお店で、昭和9年創業とのこと。「カニ面」を最初にはじめたのもこちらだという話です。

「赤玉本店」は戦後からおでん屋さんに鞍替えしたので、こちらも相当の老舗です。主に地元の人が普段使いするので、わざわざ「金沢おでん」と名づける必要もなかったのですが、平成になったぐらいから口コミで広まり、「金沢おでん」という名で全国的に知られるようになりました。

金沢の人はこう言う
「金沢で食べてみて!」

東京などの都市には石川県の郷土料理を提供するお店はありますが、金沢おでんが食べられるところはほ~んの数軒。都内のアンテナショップで聞いても「あることにはありますが、あの味は金沢でないと」とのこと。現地でいただく、北前船が運んできた昆布を使った澄んだダシの味。それをひと口含めば、確かにローカルフードはその土地で食べるのが一番としみじみ思わされるはず。

「赤玉本店」の女将さんも、「うちはちょっと食べて飲んで1,000円以内。最近は女性お一人のお客様もよく来られます。どなたでもお気軽にお寄りくださいね」と言っていました。

 

1000円以内でこんな贅沢。金沢の人、うらやましすぎます!

Licensed material used with permission by 赤玉本店
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
兵庫県丹波市で、2018年4月に誕生したばかりの「丹波プルドポークバーガー」を食べてきました。いただけるのは「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ...
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...