静岡の救世主!? オモシロ飲料・5選

たくあんコーラ!?うめぼしコーラ!?

先日SNS上ではじめて見つけたときの衝撃たるや。インパクトの強さに突き動かされ、調べてみると、製造元は静岡にある木村飲料さん。WEBサイトを見てみると、とにかくラインナップがスゴかったんです。

ありでしょ!
「うなぎコーラ」

日本人が愛してやまないうなぎ味。

「そういや、コーラと色似てるよね」とかって安易なやつじゃないんです。ちゃんと、うなぎのエキス入り。コーラ特有の香りのなかに、あのジューシーな旨味が垣間見えるんです。うなぎそのものは高くて手が出ないけど、コーラなら・・・。そんなのも、ありでしょ!

静岡の宝石IN
「桜えびサイダー」

こちら、同社が長年の夢を叶えた1品。静岡県でしか水揚げできない、新鮮な駿河湾桜えびを閉じ込めました!

蓋を開けると、まずはふわっと海の香り。そして口に含むと桜えび!この味、桜えびのエキスパート(地元食品会社)の知恵を借り、やっと実現したんだそう。まだ見ぬ世界へ、ぜひどうぞ。 

茶処発
「しずおかコーラ」

お茶の生産量日本一。

そんな静岡の地コーラは、緑茶の色を忠実に再現した渋み&深みのある緑色。はじける刺激と緑茶ならではの爽快感・・・!だけじゃなくって、本当は「もっともっとお茶を近くに感じてほしい」という想いが込められていたり。

白米に合う!?
「たくあんコーラ 」「うめぼしコーラ」

これ、冒頭でも登場しましたが、私的に一番の衝撃作。

外国人が大好きなハンバーガーに合うコーラがあって、日本人が大好きな白米に合うコーラがなぜない!?炭酸飲料のエンターテイナーを名のる「木村飲料」さんらしい発想から生まれたこの2品。しかも、“日本人の繊細な味覚”だけを頼りに、開発期間は約2年も。

気になるお味は、、、「思わず笑みがこぼれる味」なんだとか。

※さっそく味見をしたいところだが、残念ながら「たくあんコーラ」「うめぼしコーラ」は販売が終了してしまっている。今後のオモシロ飲料に乞うご期待!というところだ。

オモシロ飲料、なぜつくる?

ずばり、聞いてみた。

「この世にないものを形にするということに費やす時間は並大抵ではありません。でも、見慣れた普通のものならば、感動も楽しさも生まれないと思うんです。新しいものを触る、見る、飲むからこそ生まれるものがあります。飲料に楽しさを感じていただきたいから、面白飲料をつくり続けています。そして、なかでもご当地ものが多いのは、やっぱり、地元の素材を生かしたインパクトのある炭酸飲料をつくることで、地域の活性化につなげたいという想いがあるからです」

これが、静岡にある面白飲料屋さん「木村飲料」の使命だそうだ。

Licensed material used with permission by 木村飲料株式会社

関連する記事

「子どもだって、のまなきゃ、やってらんねーよ。」そんなキャッチコピーを引っさげて、平成16年から販売している「こどもびいる」。その正体は、リンゴの炭酸飲料...
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
東京・秋葉原にある「日本百貨店しょくひんかん」にて、今週末14日〜16日に開催されるのは、昔食べていた思い出のローカルパンや、地元民に愛され続ける人気パン...
北海道ではなく千葉県で開発された「ながらとガラナ いろはにほへと」は、「スッキリした喉ごし」と「ガラナ特有の風味」を実現しながらもクセを抑えた、誰もが飲み...
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
17歳起業家が作ったアプリ「ATi-COTi(アチコチ)」は、「動画版食べログ」とも言える全く新しいサービス。アプリ内では、全国のさまざまなご当地グルメを...
日本全国から選りすぐりの「ご当地おつまみ」が届くサブスクサービス「ツマミクル」の予約販売が、今月1日よりスタート。昨今の「家飲みを充実させたい」というニー...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
ノンアルコールの新世界を開拓をする専門ブランド「のん」から、新飲料「のん-THE NON-AL SPIRITS-」が予約販売中。
そうめん専門店「そうめん そそそ」の新店舗「そうめん そそそ 研究室」が、渋谷ヒカリエにオープン。コンセプトは「そうめん研究室で自分好みのそうめんを研究し...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
「日本コカ・コーラ株式会社」の「GO:GOOD」ブランドから、あの「キッコーマン」監修の和だし飲料「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」が新登場。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
全国各地の木で作られた「ご当地の木のストロー」がオンラインストアにて一般販売を開始。地元の木でストローを作る「ストロー製造サービス」も。
アメリカのオレゴン州を拠点とするスーパーマーケット「New Seasons Market」は、4月22日より、持続可能な未来の実現を目指し、店内でのペット...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
奈良県で1300年以上前から続く伝統薬「陀羅尼助(だらにすけ)」をモチーフに作られた「湧き水のキハダコーラ」が新発売。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...