姿も味も富士山を表現! 河口湖にできた食パン専門店の「FUJISAN SHOKUPAN」

昨年12月、富士山の麓、河口湖に食パン専門店「FUJISAN SHOKUPAN」がオープン。

富士山の天然水と近隣の豊富な自然が育む食材のよさを活かした食パンは、日々の朝食やおやつ、また、お土産など、さまざまなシーンでよろこばれる4種類。

看板メニューは店名と同じ「FUJISAN SHOKUPAN」。断面には冠雪がかかった富士山が現れる山型の食パンだ。

青い部分には山梨県産の巨峰ジュースが使用されており、しっかりとその土地ならではの味わいを実現。また、すべて手作りで成型されており、青と白で構成された部分は、すべて形が違って焼き上がるという。まるで、シーズン毎に姿を変える富士山のよう。

看板メニューの「FUJISAN SHOKUPAN」のほかにも、「富士山天然水食パン」や「4種のレーズン食パン」など、地産品の味を活かしたパンがラインナップ。

縁起物としてもよろこばれること請け合いのご当地グルメがまたひとつ誕生した。

©FUJISAN SHOKUPAN
© FUJISAN SHOKUPAN
© FUJISAN SHOKUPAN
©FUJISAN SHOKUPAN

『FUJISAN SHOKUPAN』
【住所】山梨県南都留郡富士河口湖町船津3462-11
【TEL】0555-72-9908
【営業時間】11:00~18:00(不定休) ※完売次第終了。
【メニュー】
 FUJISAN SHOKUPAN 800円
 富士天然水生食パン 600円
 豆乳オリーブ食パン 500円
 4種のレーズン食パン 900円
 ※表記価格はすべて税抜き

Top image: © FUJISAN SHOKUPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事