「青いビール」は見た目だけじゃなく風味&のどこしにも注目

「青い富士山カレー」や「青い富士山カレーパン」など富士山に関連した食品や製品を開発する「富士山プロダクト」より、富士山をモチーフにしたクラフトビール「青い富士山<生>」が登場する。

このビールは、グラスに注ぐと富士山の色合いを美しく再現。天然色素のスピルナで富士山の青い山肌を、ビール特有の泡で富士山に積もる白い雪を表現しており、仕込み水に富士山の天然水を使用した、見た目も中身も富士山一色な一杯。

ホップの苦味を抑え、シトラスベリーのフレーバーが感じられる清涼感あるドライな飲み口は、飲みやすく愛される味わいだ。

クラフトビール 富士山 青い富士山 ビール
©富士山プロダクト

高い醸造技術「瓶内二次発酵」という特徴的な手法により、一般的なクラフトビールに比べて賞味期限が1年と長く、さらにボトルにシュリンクラベルというフィルムラベルを採用することで、などに弱い液種を外部の刺激から保護して劣化を最大限に防いでくれる。

ちなみに「青い富士山<生>」の発売と同時に、江戸切子を製造する「田島硝子」が手掛ける、富士山の形をしたステムグラスも販売予定。

“日本”を感じさせてくれる至高のクラフトビール。山梨県へ訪れた際のお土産や、海外の友だちへのプレゼントにいかが?

クラフトビール 富士山 青い富士山 ビール
©富士山プロダクト
クラフトビール 富士山 青い富士山 ビール
©富士山プロダクト

『青い富士山〈生〉』
【発売開始日】10月31日(土)
【価格】900円(税抜き)
【公式ページ】https://www.fujisan-p.com/fujisanbluebeer

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事