優雅なグランピングと、原始的な狩猟を一度に体験してみて感じたこと(前編)

山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。

なぜなら河口湖は、超がつくほど自分の地元だからです。

確かに観光地だし、富士山を目指す外国人もどんどん増えているし、避暑地として別荘の人気も高いエリアです。だけど、実際に高校時代までそこに住んでいた身としては、いわゆる普通の田舎で、「星のやの施設ができそうな場所なんてあったかな〜」と、少し懐疑的でした。

懐疑的と言えば、もうひとつ。

数年前から一気に使われ始めた「グランピング」という言葉にもなかなか馴染めず、「優雅なキャンプなんて楽しいの!?」と、ひとり悶々としていたのも事実です。

つまり今回は、いろいろなことを “確かめる” べく、2時間ほどかけて帰省と同じルートを辿りながら、東京から河口湖へと1泊2日の旅に向かったときのお話です。

「レセプション」で
切り離される

Ecbf6a25c8cf2068c65c7092ed05be0475683255

事前に案内された場所はフロントではなく、少し離れたところにあるレセプション。ここで案内を受け、グランピングに備えたバックパック(ヘッドライト・双眼鏡などが入っていて、デザインは自分で選べる)を受けとります。

強制的に「日常」から切り離されるわけですね。Jeepのラングラーに乗り、いざ客室がある場所へ。少し小高い山へと登っていきます。

2022054963b6f6b40bfe7a27ddf33f709c5aa51eBa8b6169159c6ba88529236ed9674c4b07ca0d33

「キャビン」で
河口湖の印象が変わる

4566068517404672

キャビンと呼ばれる部屋から一望できる景色は、これまで自分が何度も見てきた河口湖とは違って、すごく静かに感じました。田舎なのでもともと静かではあるんですが、少し引いた山の上から、ゆったり見下ろす感じ。あとから調べたら、一番高いところで標高930mもあるとのことで、その景色の良さに納得。

駅前やホテルが密集しているところは観光地ならではの賑わいと、ある種の節操のなさがあるんですが、この大石という地域は、とても穏やかな時間が流れているんです。

ついテラスに出て、雲の流れや、湖のボートや、山の景色をボーっと見てしまいます。

5637370799980544480679660250726445705167613460486280104602763264

その季節しか味わえない
「ジビエ」

5383615005327360

そしてディナーには、サーヴされるものをいただくだけでなく、自分が手を加えることで料理が完成する「参加型」のものがあります。

ちなみにこの日は、

・猪ベーコンとたっぷりきのこのスープ
・鹿スモークと秋野菜のジャーサラダ
・鹿ときのこのトマト煮込み
・猪と大きな椎茸のすき焼き仕立て
・日本酒のジュレとお米のアイスクリーム/きのこのチュイル

 

狩猟肉ディナーと、ふんだんにきのこを使ったメニューが体に染み渡る!

リアルなキャンプで実現するのは難しい、シェフが監修したハイクオリティなキャンプ料理は、“準備や片付けがなくてラクだから” というような理由ではなく、単純にそのおいしさにやられました。

春夏秋冬で素材も変わるので、シェフみずからも山に入り、地元猟師さんとタッグを組んで開発しているそうです。コースの流れも、温かいスープから始まり、最後はすき焼き風に煮込むなど、実際に昔ながらの猟師のライフスタイルと同じように組み立てられていました。

602476772327424067242297225379845990971430928384

深い森のなかで食べたことで、いつもより「いただきます」「ごちそうさま」という言葉の重みを感じつつ、お腹いっぱいになるまで堪能。

明日は、河口湖から30分ほど移動したところにある本栖湖へ行き、狩猟体験をさせてもらいます。

1泊2日のグランピングと、リアルな狩猟体験。どちらが良い悪いではなく、どちらもワクワクしている自分に気づき、いかに河口湖の魅力に気づかないままの10代を過ごしていたか、などと反省しながら、この日は眠りについたのでした。

後編へつづく

59465649587486725696416668188672

星のや富士

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
(※こちらはレセプションの住所です)
TEL:0570-073-066(9:00〜20:00)
1泊1室 45,000円〜

Photo by 稲垣正倫
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
手ぶらで、快適に自然を楽しむ。グランピングは、グラマラス×キャンピングの造語で、贅沢なアウトドア体験ができる新しいキャンプスタイルです。関東近辺で手軽にさ...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
はじめて実物の富士山を見たとき、その形の美しさに息を飲みました。バランスの取れたシルエットは、日本を代表する形のひとつとも言えるかもしれません。デフォルメ...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
近頃よく耳にする「グランピング」というワード。知らない方のために説明すると、これは「glamorous」と「camping」から成る造語で、“贅沢なキャン...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...