TAKI BITO #1

TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第1回

TOKYO MX1 20:00-20:30
2017年11月1日 放送
出演者:
小橋賢児
高山都
久志尚太郎(TABI LABO 代表)

キャンプ地:星のや富士

 

▶︎TAKI BITO
心の種火に火を灯す
デジタルで情報が溢れている昨今、焚き火には人間にとって本質的な魅力があります。「TAKI BITO」で焚き火を囲み、語り合うことで、日常の生活の中で忘れていた記憶を蘇らせ、その情景を映像コンテンツとして発信することで、視聴者に心休まる瞬間を提供していく番組です。

 

TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第2回TOKYO MX1 20:00-20:302017年12月13日 放送出演者:小橋...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第3回TOKYO MX1 20:00-20:302017年1月31日 放送出演者:小橋賢...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第4回TOKYO MX1 20:00-20:302017年2月28日 放送出演者:小橋賢...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
TABI LABOがプロデュースするSNS連動型リアリティ焚き火番組「TAKI BITO」(11月よりTOKYO MXでスタート)。焚き火を囲み、事前台本...
11月からスタートした、SNS連動型リアリティ焚き火番組「TAKI BITO」。MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組です。事前台本は...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。1月31日(水)に放送された第3回では、世界的に活躍するデジタリスト集団...
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。「人生の種火 = 転機や大きなきっかけ」について、事前台本一切なしの等身...
山梨県の富士山麓、河口湖にオープンした食パン専門店「FUJISAN SHOKUPAN」。看板メニューは、見た目も味も山梨の魅力がぎゅっと詰まった“富士山型...
選りすぐりの3アイテムをご紹介。
空港での遺失物のなかで受取人の現れなかったものを格安で販売するアメリカで唯一のお店「Unclaimed Baggage Center」。アラバマ州に誕生し...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。「人生の種火 = 転機や大きなきっかけ」について、事前台本一切なしの等身...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。3月28日(水)に放送される第4回のゲスト・清水文太さんと対談をしました。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。