「こども」だって飲みたいときがあるさ!

昭和を感じさせるレトロな茶色の瓶からトクトクと注がれる、よく冷えた黄金色の液体。しゅわしゅわと立つ泡を愛でながらぐーっと一杯。

思わず「プハーッ!」と言いたくなってしまうこのビール、子ども用だとか。

「子どもだって、のまなきゃ、
 やってらんねーよ」

D650e90c7d886243ac050e5daad65e5a67ad2abc

そんなキャッチコピーを引っさげて、平成16年から販売している「こどもびいる」。

その正体は、リンゴの炭酸飲料。もちろんノンアルコールです。でも、後味スッキリでクリーミーな見た目はビールそっくり。

1da5c9dc64c16f9172f8410b3ed404b2a4d7d7aa

開発のきっかけは
「子どものため」じゃない!?

42aadc50072eabdf66eb0260f51f03a604a02ec3

微笑ましくて可愛らしいこの商品、じつは最初から子どものために開発されたわけではありませんでした。なんでも、ビールが飲めない大人のために、というのがきっかけだったそう。 

このビールを作ったのは、100年続く老舗サイダー会社の「友桝飲料」。彼らの願いは、サイダー飲料を通して世界を楽しませること。

そんな友桝飲料に開発を依頼したのは、当時福岡では珍しかったもんじゃ焼き専門店の「下町屋」。店長が珍しいもの好きで、遊び心たっぷりの人だったそう。そんな店長が、ビールが飲めないお客さんを気遣って、友桝飲料と一緒に作ったのが「こどもびいる」なんです。

「駄菓子屋のリンゴジュースのように甘くまとわりつく後味ではなく、下町屋さんのもんじゃ焼きや鉄板料理の邪魔をしない、爽やかな後味を目指しました」

そんな努力の甲斐もあり、とても優しい味わいに。

「今までにないことをやろう」

それが、友桝飲料のモットー。

確かにHPを見ると、個性豊かな商品が揃っていて、どれも他にはないものばかり。昔ながらの製法で作る「スワンサイダー」は、これまたレトロなラベルで可愛いですし、「n.e.o」はプロによるプロのための本格ジンジャエールという、またひと味違った炭酸飲料。

C5b7926be7384b46e851fc4c471a5e862ea064f085ec4c684d06063dc1c3ac268b839cf6c17c0669De9c8d27415e886a8186ca34591c0e7ba07ac6c8

どれもこれもおいしそうで、あぁ…確かに、飲まなきゃやってらんねーな(笑)。

Licensed material used with permission by 友桝飲料
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
静岡に「木村飲料」という飲料メーカーがある。静岡の特産品を使った「うなぎコーラ」「桜えびサイダー」「しずおかコーラ」、そして衝撃の「たくあんコーラ」「うめ...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
いろんなストーリーが浮かんできます。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...