両国駅「幻のホーム」で楽しむ熱燗&ご当地おでん

今年3年目を迎え、徐々に晩夏の風物詩となりつつある両国駅3番ホームを会場とする「ギョーザステーション」。これの冬版ともいえるイベントが「おでんで熱燗ステーション」だ。2020年1月9日(木)〜12(日)の4日間開催。

「全国熱燗コンテスト実行委員会」が主催となり開催するこのイベントでは、今年の同コンテストで入賞したおいしい熱燗とともに、東京下町おでん、静岡風おでん、名古屋風味噌煮込みおでん、赤からおでんといったご当地おでんが楽しめる。

会場内には「こたつ席」も用意。駅のホームでこたつという非日常空間で、味わう熱燗とおでん。冷え切ったカラダも芯から温まるに違いない。

当日のスケジュールや前売り券購入方法などについては公式サイトで。

©全国熱燗コンテスト実行委員会
©全国熱燗コンテスト実行委員会

「おでんで熱燗ステーション」

【期間】2020年1月9日(木)〜12日(日)
【会場】JR両国駅3番線ホーム
【時間】※50分ごとの入れ替え制
17:30〜21:00(9日, 10日)、12:30〜21:00(11日)、12:30〜16:30(12日)
【参加費】当日券3000円 / 前売り2500円
【URL】http://www.kansake.jp/kansake_station/index.html

Top image: © 酒文化研究所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
自転車を解体することなく、そのまま愛車と一緒に乗車できる「JP東日本」の列車「B.B.BASE」が、銚子コースの停車駅に、人気自転車競技アニメの舞台でもあ...
六本木の高級割烹が、三つ星レストランや高級料亭でも採用されている高い技法を使い、通常は油で揚げることが困難な、出汁の染み込んだ「おでんの天ぷら」を完成させ...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...