ニッポン生まれの「台湾B級グルメ」3選

台湾に親しみやすさを覚えるのは、物理的な距離よりもむしろ馴染みやすい料理にある、僕はこう考えています。だって、旅していて感じたことありません?「あれ?日本にも似たようなメニューがある」と。

その実、台湾料理のなかの一部は日本からもたらされたものなんです。例えば、おにぎりや弁当(台湾では「便當」)。温かい食事をご馳走ととらえる台湾人に、携行用の冷えたごはんやおかずが浸透したのは、日本統治時代の影響。天ぷらやとんかつだってそう。

こうした日本の置き土産は、やがて台湾人のアイデンティティと融合し、独創的すぎる進化を遂げたのです。

ここに紹介するメニューも台湾の中に息づくニッポン。ただし、日本にいてはまず出会えない、タイワニゼーションフードに絞ってご紹介!

かき氷のトッピングに生卵!?
「月見冰」

©Kumiko. H

初めて見る人はカルチャーショックを覚えるかもしれない。お察しの通り、かき氷の上にたまごの黄身をまんま乗っけた、月見そばならぬ「月見冰」。こうなるともう、氷なんだかメレンゲなんだか……絵だけでは判別もつかないからおもしろい。

黄身を割ってたっぷりのコンデンスミルクと混ぜ合わせる。するとどうだろう。ほとんどカスタードクリームじゃないか!緑豆やあずき、ピーナッツをトッピングするのもありですが、この月見のままいくのがオツなようです。台湾でも南部ほど遭遇のチャンスあり。

かき氷に卵なんてアリエナイ!と拒絶反応しているようでは、何度台湾を訪れていようと、“食べ惚れた”とは言えません。日本食の転化というよりタイワニゼーションの一例ですが、こういったところにもニッポンのなごりを見つけることができます。

手巻き寿司はアイススタンドにて提供
「フォルモサロール」

©Andrey Starostin/Shutterstock.com

今でこそ回転寿司だけでなく、本格的なにぎり寿司を提供する店舗も増えましたが、台湾といえど一昔前まではアレンジを利かせたSUSHIが主流。なかでもエンタメ感が強いのが、手巻き寿司です。

アイスやソフトクリームを立てるためのトップコーンスタンドも、ご覧の通り台湾人の手にかかれば寿司専用に。ネタもインゲン、アスパラ、キャベツ、レタスなどの野菜に、ハムを入れたり、パイナップルまで顔をのぞかせたり(いや、上の写真はまだマシなほう)。太巻きだって、カリフォルニアロールよろしく海苔を裏巻きにして、周りはでんぶコーティングのド派手なピンクだったりも。

こうした台湾ナイズドされた巻物は、かつて欧州の人々が台湾を別称で呼んだフォルモサになぞらえ、「フォルモサロール」と呼ばれています。トップコーンスタンドに立つ手巻きスタイルに出会うには、日本料理店ではなく和食にインスパイアされた日式料理店に足を運ぶといいかも。

台湾庶民のチープなおやつ
「黒輪」

©Quietword/Shutterstock.com

看板に表記のある短い竹串で2元は、日本円にしておよそ7円。(どんだけ安いんだ!)そんなつぶやきが聞こえてきそうなこの「黒輪」こそ、台湾庶民のソウルフード。小腹の足しに、路上でつつくのがまたいいんです。

もちろんルーツは日本。串に刺した具材をだし汁で煮炊きするこの絵を見ればもうおわかりのはず。そう、これは台湾バージョンのおでん。冬場でも平均気温が20度近い台湾で、統治時代から親しまれてきたおでんは、いまも台湾語でそのまま「オーレン」と発音します。これに漢字を当てはめると黒輪に。

魚介のすり身やロールキャベツ、ソーセージなど、日本とさほど変わらない内容ですが、なかにはもち米に豚の血液を混ぜてこねた猪血樵といった、台湾ならではのおでん種も。

昔も今も、うまいものは廟のそばに在り。台湾式おでんを味わうならば、各地の寺廟周辺を散策してみて。ちなみに、こんにゃくやはんぺんといった日本で馴染みのある具材は、コンビニに行かない限り出会うことはほぼありません。

Top image: © iStock.com/slpu9945
行きたい、食べたい、楽しみたい……台湾の話

関連する記事

台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
毎年夏に「代々木公園」でおこなわれていた「台湾フェスタ」がオンラインで開催決定。「カバランウイスキー」や「サンマイクラフトビール」のテイスティング会、「ほ...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
アカデミー賞4冠を獲得した、話題の映画『パラサイト 半地下の家族』。劇中に登場するB級グルメ「チャパグリ」のレシピ動画が公開された。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
「棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目に...
Netflixでおすすめ! シズル感たっぷりの「Netflixオリジナル作品のグルメ番組」を紹介。『ストリート・グルメを求めて: アジア』『100万ポンド...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
缶詰だけで十分にお酒が楽しめる、「グルメ缶」をセレクト。