ニッポン生まれの「台湾B級グルメ」3選

台湾に親しみやすさを覚えるのは、物理的な距離よりもむしろ馴染みやすい料理にある、僕はこう考えています。だって、旅していて感じたことありません?「あれ?日本にも似たようなメニューがある」と。

その実、台湾料理のなかの一部は日本からもたらされたものなんです。例えば、おにぎりや弁当(台湾では「便當」)。温かい食事をご馳走ととらえる台湾人に、携行用の冷えたごはんやおかずが浸透したのは、日本統治時代の影響。天ぷらやとんかつだってそう。

こうした日本の置き土産は、やがて台湾人のアイデンティティと融合し、独創的すぎる進化を遂げたのです。

ここに紹介するメニューも台湾の中に息づくニッポン。ただし、日本にいてはまず出会えない、タイワニゼーションフードに絞ってご紹介!

かき氷のトッピングに生卵!?
「月見冰」

初めて見る人はカルチャーショックを覚えるかもしれない。お察しの通り、かき氷の上にたまごの黄身をまんま乗っけた、月見そばならぬ「月見冰」。こうなるともう、氷なんだかメレンゲなんだか……絵だけでは判別もつかないからおもしろい。

黄身を割ってたっぷりのコンデンスミルクと混ぜ合わせる。するとどうだろう。ほとんどカスタードクリームじゃないか!緑豆やあずき、ピーナッツをトッピングするのもありですが、この月見のままいくのがオツなようです。台湾でも南部ほど遭遇のチャンスあり。

かき氷に卵なんてアリエナイ!と拒絶反応しているようでは、何度台湾を訪れていようと、“食べ惚れた”とは言えません。日本食の転化というよりタイワニゼーションの一例ですが、こういったところにもニッポンのなごりを見つけることができます。

手巻き寿司はアイススタンドにて提供
「フォルモサロール」

©Andrey Starostin/Shutterstock.com

今でこそ回転寿司だけでなく、本格的なにぎり寿司を提供する店舗も増えましたが、台湾といえど一昔前まではアレンジを利かせたSUSHIが主流。なかでもエンタメ感が強いのが、手巻き寿司です。

アイスやソフトクリームを立てるためのトップコーンスタンドも、ご覧の通り台湾人の手にかかれば寿司専用に。ネタもインゲン、アスパラ、キャベツ、レタスなどの野菜に、ハムを入れたり、パイナップルまで顔をのぞかせたり(いや、上の写真はまだマシなほう)。太巻きだって、カリフォルニアロールよろしく海苔を裏巻きにして、周りはでんぶコーティングのド派手なピンクだったりも。

こうした台湾ナイズドされた巻物は、かつて欧州の人々が台湾を別称で呼んだフォルモサになぞらえ、「フォルモサロール」と呼ばれています。トップコーンスタンドに立つ手巻きスタイルに出会うには、日本料理店ではなく和食にインスパイアされた日式料理店に足を運ぶといいかも。

台湾庶民のチープなおやつ
「黒輪」

©Quietword/Shutterstock.com

看板に表記のある短い竹串で2元は、日本円にしておよそ7円。(どんだけ安いんだ!)そんなつぶやきが聞こえてきそうなこの「黒輪」こそ、台湾庶民のソウルフード。小腹の足しに、路上でつつくのがまたいいんです。

もちろんルーツは日本。串に刺した具材をだし汁で煮炊きするこの絵を見ればもうおわかりのはず。そう、これは台湾バージョンのおでん。冬場でも平均気温が20度近い台湾で、統治時代から親しまれてきたおでんは、いまも台湾語でそのまま「オーレン」と発音します。これに漢字を当てはめると黒輪に。

魚介のすり身やロールキャベツ、ソーセージなど、日本とさほど変わらない内容ですが、なかにはもち米に豚の血液を混ぜてこねた猪血樵といった、台湾ならではのおでん種も。

昔も今も、うまいものは廟のそばに在り。台湾式おでんを味わうならば、各地の寺廟周辺を散策してみて。ちなみに、こんにゃくやはんぺんといった日本で馴染みのある具材は、コンビニに行かない限り出会うことはほぼありません。

Top image: © iStock.com/slpu9945
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
「棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目に...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!