あの衝撃を自宅で再現。思う存分「棺」から溢れさせてください!

棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目にしたことがある人も多いはずです。

では、実際にトライした人は?

二の足を踏んで食べ損じたという人のため、日本で再現しようじゃありませんか!

不吉なのは名前だけ
鉄板コンビネーションをどうぞ

厚切りの食パンを素揚げして、くり抜いた部分にホワイトシチューを入れてフタをするだけ。これが本来のつくり方のようですが、食パンは先に切り抜いてから揚げたほうが失敗しにくい。ホワイトシチューも水分が多すぎると漏れ出やすいので、少しどろっとした粘度があるほうがベターです。

以下参考に。

食パンを厚さ5センチ(棺本体)と2センチ(フタ)に切り、本体の底が抜けないように中身をくり抜く。揚げ油を170℃に熱したら、食パンをきつね色になるまで揚げる。あとはシチューを好きなだけ納めるだけ。

名付け親は…なんと日本人

台湾南部、台南市生まれのこの料理の名付け親は、意外にも日本人だそう。ある日本人大学教授が贔屓にしていたレストランで、メニューにない料理を食べたいと言ったところ、その要望に店主が考案したのがパンを揚げて穴を開け、そこにスープを流し入れた料理。これが現在まで続く棺桶パンの原型らしい。

呼び名がなく、四角く棺のようなフタが添えられたその料理に、教授は「棺材板(台湾での呼び名)!」と店主に注文したようで、それを聞いた他のお客らが次々に珍しい料理を注文。こうして棺桶パンは台南から台湾全土へと広まっていったようです。

台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...