コーヒー好きの私が「おいしいパン」を求めるとき、絶大な信頼を置く博士がいる。

シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー関係の仕事をしていたからとか、コーヒー好きが高じてサイトを始めたとかって思う方が多いのですが、8年前にシアトルに引っ越すまで、じつはコーヒーが嫌いで一切飲まない人生を送っていました。

でもそんな“飲まず嫌い”だった私に、シアトルがコーヒーのおいしさとそこを取り巻く文化を教えてくれたんです。

ご飯とコーヒーは
なんであんなに相性が悪いの…

3d86e65d04cbfaa2880428e3fb3b9a12f2d2528a

そもそも、なぜコーヒーをそんなに毛嫌いすることになったかというと、小学校の時、ホカホカのご飯にお茶と間違えてコーヒーをかけて食べてしまったことからでした。

ご飯とコーヒーってどうしてこんなに相性が悪いんでしょうか。20年以上私をコーヒーから遠ざけた魔の組み合わせです。コーヒーをご飯にかけたことがなくても、ご飯を食べながら熱いブラックコーヒーを飲むことを想像してみてください。なんか食べ合わせ悪いですよね?

この相性の悪さの理由を知ってる方がいらっしゃったら、ぜひ教えてほしいくらいです。

パン博士が選ぶものは
コーヒーとの相性も100%

B0d0406b5b50de5d201a18ef33a217e5132eceda

ご飯とコーヒーの相性の悪さとは正反対に、パンとコーヒーの抜群の相性の良さは…なんでしょうね、例えるならピッチャーとキャッチャー、サウナと水風呂くらいの「セット感」があります。

コーヒーを飲むようになってからは、パンに興味を持つようになりました。私がおいしいパンを求めるときに、絶大な信頼を置き、密かに「パン博士」と呼んでいる人物がいます。それは「パンラボ」主宰の池田浩明さんです。

パン好きの人ならば、一度くらいは池田さんの名前はどこかで聞いたことがあるはずです。パンに関する雑誌や本を見ればほとんどの確率でその名前を発見できます。

池田さんが紹介してくれる全国津々浦々のパンは、写真を見るだけでも口がおいしくなる感覚に陥るようなパンばかり。気になったものはメモしておき、そのお店の近くに行くことがあれば買いに行くんですが、本当に間違いないです。

コーヒーとも100%の確率で合います。池田さんを知るきっかけも不思議なパンとコーヒーの相性からでした(パンラボ、要チェックです)

担当の編集者さんも
パンとコーヒーが大好きだった

D0bd82a7b80ed4b2cf56a8ccb3ce02d1bceb8bd9

そして、話は遡ることちょうど2年前。

アメリカで私のコーヒーサイトが書籍化され『Coffee Gives Me Superpowers』という名前で出版されました。その私の英語の本をサンドウィッチとラテがおいしくて有名な「Camelback Sandwich & Espresso」という東京のカフェが置いてくれていたのです。

そして、パンとコーヒーが大好きな「ある人」がそのカフェで私の本を手に取り興味を持ってくれたのです。その「ある人」こそが現在の私の担当編集者さんなのであります。彼のおかげで日本でも『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』という名前の本を出版する運びとなりました。

そしてその編集者さんは、たくさんパンの本を手がけています。そう、その著者はパン博士こと池田さんなのです。私と池田さんは同じ編集者さんの元で本を出しているという、コーヒーとパンが繋げてくれた縁。

相性ばっちりです!

そんな嬉しい縁があり、つい最近日本で本が出版されたこともあって、現在は日本滞在中です。日本はおいしいパンがたくさんあって、いい感じのパン屋さんを見つけると吸い込まれるように入っていっては

「家に帰って、おいしいコーヒーと一緒に食べよっと」

と、ワクワクしながらパンを買って帰る日々を送っています。

焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
世界にはパンが好き過ぎて、偏愛を通り越し、パンへの変わった「愛情表現」を続けている人がいる。その名も「Bread Face」。パンに顔を乗せる動画をIns...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...