「サブウェイのサンドイッチはパンではない」。アイルランド最高裁の判決!

9月29日、アイルランドの最高裁判所が「サブウェイ」の提供しているパンは「法律上、パンと定義することはできない」という判決を下した。

これは、日本の消費税に似た間接税「Value Added Tax(付加価値税)」の還付が拒否されたことが始まり。同国では、主食は付加価値税が免除されるにもかかわらず、サブウェイのパンには課税されていたため、その還付を求めていたのだ。

そして、最高裁判所は1972年に制定された付加価値税法で、パンは脂肪分や砂糖などが小麦粉の重量の2%以上になってはいけないと定義したことを理由に、サブウェイの提供するパンは約10%だと指摘して「パンではない」と判断。

はたしてこの判決に、サブウェイはどう反応するのだろうか?注目だ。

Top image: © Joe Raedle/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事