開けてびっくり!ピクニックの定番サンドはコレで決まり

ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど、唯一イケてないのが、作ってから時間が経ったサンドイッチのあの“くたびれ感”。水分を吸いすぎてフニャってたりすると、気分がた落ちですよね。

ということで、同等もしくはそれ以上のインパクトを期待してこんなサンドの提案です。具だくさん「ピクニックローフ」って、どう?

目一杯、丸パンに
具を詰め込もう!

まず、用意するのはカンパーニュやヴァイツェンブロートのような丸パン。それも大きいものが作りやすい。このてっぺんをカットして、中身をくり抜きます。底を抜かないように注意!

切った面にオリーブオイルやマヨネーズ、バジルソースなどを塗りましょう。そこへ、トマトやレタス、ハムなど好みの具を詰め、さっき切ったてっぺんをフタとしてのせれば完成。どう、簡単でしょ?

切る直前が
最高に楽しいサンド

パンを開けたらサンドイッチが入っている「シュープリーズ」より、断然楽チン。しかも炭水化物も少なめだし、詰めたまんま持って移動し、現地でカットも楽しそう。とにかく、みんなでワイワイがサイコーなピクニックローフ。何より、パンを丸ごと使っているので「ちょっと水分多めかな?」なんてものでも、パンが美味しく吸収してくれるんです。

とにかく冷蔵庫にあるものを片っぱしから詰め込んで、普段できないようなサンドイッチ体験、これイイんじゃない?

Licensed material used with permission by Nick & Bay, website, Facebook, Instagram
他の記事を見る
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...