開けてびっくり!ピクニックの定番サンドはコレで決まり

ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど、唯一イケてないのが、作ってから時間が経ったサンドイッチのあの“くたびれ感”。水分を吸いすぎてフニャってたりすると、気分がた落ちですよね。

ということで、同等もしくはそれ以上のインパクトを期待してこんなサンドの提案です。具だくさん「ピクニックローフ」って、どう?

目一杯、丸パンに
具を詰め込もう!

0dea2c029fbc58027a0985cfda86d98ca9083d97

まず、用意するのはカンパーニュやヴァイツェンブロートのような丸パン。それも大きいものが作りやすい。このてっぺんをカットして、中身をくり抜きます。底を抜かないように注意!

79143bfc83e7ee55420ddbc61e2f0bb30b5a2670

切った面にオリーブオイルやマヨネーズ、バジルソースなどを塗りましょう。そこへ、トマトやレタス、ハムなど好みの具を詰め、さっき切ったてっぺんをフタとしてのせれば完成。どう、簡単でしょ?

切る直前が
最高に楽しいサンド

Dc17e3f2da7a024c987e2760de7b498122dc871b

パンを開けたらサンドイッチが入っている「シュープリーズ」より、断然楽チン。しかも炭水化物も少なめだし、詰めたまんま持って移動し、現地でカットも楽しそう。とにかく、みんなでワイワイがサイコーなピクニックローフ。何より、パンを丸ごと使っているので「ちょっと水分多めかな?」なんてものでも、パンが美味しく吸収してくれるんです。

とにかく冷蔵庫にあるものを片っぱしから詰め込んで、普段できないようなサンドイッチ体験、これイイんじゃない?

Licensed material used with permission by Nick & Bay, website, Facebook, Instagram
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
2014年12月、いわゆる奥渋谷にオープンした「CAMELBACK sandwich&espresso」は、店名の通りおいしいサンドイッチとエスプレッソが...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
今アメリカで静かなブームとなっているのが、カンパーニュ(をはじめとする丸パン)に野菜や半熟卵、チーズ、フルーツを乗せたオープンタイプのトースト。こう聞いて...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...