多機能リュック「Technopicnic」が提案する、「イマドキ」なピクニックって?

お花見、ピクニック、ガーデンパーティー。「外メシ」の機会がぐんと増えるこの時季、是非とも紹介したいギアがこちら。見た目はレトロフューチャーなのに、その中身は近未来すぎ!

“古っぽさ”は外見だけ。
ハイテクピクニック用リュック

まるで1970年代の宇宙飛行士が、月面着陸する際に背にしていたソレと見紛う、このリュック。ハイテクとは無縁のフォルムに感じてしまうのも無理はありません。けれど、そこが狙い。背から降ろして横向きにすれば…。

テーブルがほら、完成

折りたたみの脚を開くだけで、リュックからテーブルへ。どこかローテクを印象付ける背中の銀色が、ご覧の通りクッションに早変わりするようです。

テーブルにトランスフォームしたリュックを上から見れば、料理や飲み物を置くスペースがよく分かりますよね。

でも、もちろんこれだけでは、ただ背負えるだけのピクニックテーブルにすぎません。スペインのデザインスタジオ「AtelierTERATOMA」が、これをわざわざ今の時代に発表したのは、それだけの高機能が搭載されているからに他なりません。

自家発電する
ソーラーパネル付き

点線が示している部分はソーラーパネル。天気さえ良ければ、テーブルを開いて自家発電できるという構造。ここでつくり出したエネルギーは、たとえば…こんなふうに使います。

スピーカー内臓!
Bluetooth経由で音楽再生

外で音楽を聴きたくなったら、Bluetoothでこのテーブルに飛ばすだけ。だって、スピーカー内臓ですから。

文字盤にメッセージが届く

こちらもbluetooth経由で、デジタルスクリーンにメッセージが届いたり。

LED照明も搭載!

さらには照明用のLEDライトも搭載。それも、・・・と縦に並んでいるのが見えるでしょうか。上向きという点も、雰囲気作りに一役買いそうです。スマホやミュージックプレイヤーを充電するためのUSBハブだって実装。

つまり、ちゃんと現代のライフスタイルに即したピクニックを再定義し、必要な機能をこのサイズの中にマルッと詰め込んだ多機能ギアであることは間違いありません。

都会でもピクニックを気軽に楽しめるよう設計された、古そうでいながらじつはとっても新しいハイテクリュック。その名も「Technopicnic」。詳しいコンセプトを知りたい人は以下の動画へ。市販されたら、人気に火がつくかも?かなり目立つのは間違いないでしょう。第一印象はバッチリですね。

Licensed material used with permission by Atelier Teratoma
〈アメリカンアパレル〉のリュックは長くモデルチェンジされることなく、定番として愛されています。定価3,000円くらいとリュックとしては手頃な価格も愛される秘訣。
出先で困るのは、座って休める場所がなかったりすること。かといってチェアを持っていくのもね、でも立ったままだと足はむくむし疲れちゃうから座りたい。そんな時に...
もう秋になったけれど、夏に蓄積された"カバンの汚れ"って、ちゃんとリセットできていますか?「Littlethings」の、ライターChristin Per...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...