BBQにピクニックに。「外メシ」を存分に楽しむ5つのアイデア

どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。

大勢でワイワイやるのもいいけれど、もう少しゆったり時間とともに楽しむ外メシにこだわりたい、というライターDiana Yenさんの主張を紹介します。ピクニックフリークの彼女が教える5つのティップス。すぐにでも真似したくなるアイデアもありますよ。「Food52」よりどうぞ。

夏には夏の
外メシの楽しみ方がある

5230189076283392
© iStock.com/martin-dm

屋外で食事をするのがもっとも楽しい季節は、断然ナツ。ゆったりしていてとにかくシンプルなところが大好き。何時間もかけてグツグツ煮込んでつくるっていうより、ちゃっちゃと用意してつくる感覚。そして、おいしいものを囲んでみんなで楽しく談話。これがいい。

ファーマーズマーケットに行くだけで、一気に夏のパーティーのインスピレーションが湧いてきます。基本はシンプル、具材の良さを引き出すこと。

この夏、私が楽しみにしているのは、カラフルなエアルームトマト、いちご、もも、とうもろこし、スイカ、夏かぼちゃ、それとブルーベリーです。もう、友だちを数人呼ぶだけで、夏のピクニックのはじまりです!

ということで、今夏ピクニックをするにも、裏庭でBBQをするにも役立つであろう、5つのアイデアをどうぞ!

01.
キッチンに常備する
ワックスペーパーと麻ヒモ

4752519993491456
© Diana Yen & Jewels of New York

とにかく“外メシ”が大好きな私の必需品。キッチンのカウンターには、必ずワックスペーパーと紐の用意をしていて、外で食べるときはこれでサッとサンドイッチを包むワケです。

プラスチック容器より、ワックスペーパーのほうが見た目もいいし、湿気を保ってくれるので気に入ってます。

02.
ブランケットは手作り
バリエーション豊かに

4645392905928704
© Diana Yen & Jewels of New York

いつもピクニックシーズン前に、いろんな模様や色のマットやクロスをできるだけ安い値段で買い溜めしておくんです。集めたクロスの端っこをカットしてほつれをつくろえば、これで立派なピクニックブランケットの出来上がり。

飲みものをこぼしたり、草の緑がついちゃっても、すぐに洗えるので楽チン。あとはその日の服装とマッチさせるもの楽しみのうち。

03.
野菜はグリルせず「生」で!

5986916814028800
© Diana Yen & Jewels of New York

炎天下の日にはどうしてもコンロで何かつくろうという気にはなれません。だったら野菜はグリルにこだわらずサラダでいきましょう。たとえばアスパラガス、夏かぼちゃ、それからニンジンなんかをピーラーで長く薄くむいたりして。これだけでも彩り鮮やかなサラダになります。味付けにはオリーブオイル、レモン果汁と塩こしょうが◎。

04.
いつ何時も、
レモンとライムはマストハブ

6512535448584192
© Diana Yen & Jewels of New York

ところで、夏といえばシーフード。魚介類を提供する前、味にパンチを効かせるため、私は決まってシトラス系のフルーツを絞って新鮮味を演出します。魚介類を触った手でレモンを絞れば、気になる魚の臭みを取れるので、一石二鳥ですしね。

05.
デザートには自家製アイスキャンディ

6353125858344960
© Diana Yen & Jewels of New York

楽しいディナーが済んだあと、冷蔵庫からアイスキャンディを取り出せば、ゲストはみんな喜ぶはず。そこへ少しお酒を忍ばせておけば、さらなる歓喜が!

1本のアイスキャンディにつき、だいたい小さじ2杯分くらいのお酒を効かせます。あとはフレッシュジュースを注ぐだけ。お気に入りはテキーラとライムを入れた「マルガリータアイスキャンディ」。それとブラックベリーにジンを混ぜた「ブラックベリーブランブル」。ぜひ試してみて。

Written byDiana Yen
Top photo: © iStock.com/Solovyova
Licensed material used with permission by Food52
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
お花見、ピクニック、ガーデンパーティー。「外メシ」の機会がぐんと増えるこの時季、是非とも紹介したいギアがこちら。見た目はレトロフューチャーなのに、その中身...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...