「料理好き」のテンションがあがる、スイスアーミー。

FIRE BOX』のInstagramには、20代の女性が部屋に置きたくなるような、どちらかと言えば“可愛らしい”プロダクトが並べられている。

カプチーノとMacBook、タイピングしている華奢な指がのぞくイメージの隣で、ひと際浮いていたのがこの「Kitchen Multi Tool」。料理好きの男性へピンポイントで勧めたい。

スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」を担うモノが12個集約されている。

サバイバルやブッシュクラフトにおいて、必要にして十分。その代わり、多目的に使えるという、ベーシックなスイスアーミーとはまったくの別物。たとえそれがアウトドアでも、ていねいな一皿にこだわる人のためのツールとして。悪くない。

Licensed material used with permission by Firebox
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
鋭い切れ味でするりと切れて、オールステンレスシームレス、NYで誕生したキッチンナイフ「Hast」。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
海外のローカル&レアチョコレートを、いち早く味わえる「フェリシモ」の「至福のご褒美スイーツ2020」。世界中のショコラティエが想いを乗せて制作したハート型...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...