2万円でも安い!と断言できる「マルチすぎるまな板」

海外のクラウドファンディングサイトを見ていると、この手の「マルチまな板」が度々登場する。その大部分は計量機能が付いていたり、カットした食材をそのまま乗せておけるデュアルタイプのまな板だったり。もう、これらの機能だけでは新鮮味に欠けるというもの。

ところが……こいつのマルチぶりにはただ「あっぱれ!」のひと言。

©ChopBox

米デラウェア州のスタートアップが制作した「ChopBox」。よくぞまあ、これだけの機能を搭載したものだ。と関心するほかない。

前述した「計量機能」と「デュアルボード」は言うに及ばず、「タイマー」のほかご丁寧に「2種類のナイフシャープナー」まで搭載。果ては、あろうことか本体に「紫外線殺菌灯」まで内蔵してしまった。まさに至れり尽くせりの次世代型マルチまな板なのである。

料理って、やろうと思ったときにレシピの分量が難解だったり、ツールが揃ってなかったり、切れない包丁で指を切ったり(自分だけ?)、そういうやる気を削ぐ要因が次から次にやってきて、結局は続かなかったり、いやになっちゃったりする。

すべてをツールのせいにするワケじゃないが、こういうギアとしてアガる調理道具があったりすると、もっと料理にハマるような気がするのは、自分だけではないはず。

小売価格は199ドルというから、日本円で2万1000円ちょっと。細々と調理道具を買うことを思えば手が出なくもない。

もう期待感は十分だから、あとは一日も早くショップで並んでいるところが見たい!

©ChopBox

計量スケールなんて当たり前

©ChopBox

2種類のナイフシャープナーを搭載。まな板で包丁が研げる

©ChopBox

紫外線UVCのなかでも殺菌力の高い254nmを発生させ包丁を滅菌してくれる

Top image: © ChopBox
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
木製台所用品のお手入れ法を紹介します。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
冷凍した食品を解凍したい。どうしても電子レンジだと火が入りすぎてしまうなんてことがありますが、このキッチンツールだと…。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
今からおよそ5000年前、人類は車輪を手に入れ、物資の運搬や人の移動手段は大きな変化を遂げました。そして現代。車輪の技術は、いよいよキッチンツールにも応用...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。