多機能すぎる「クーラーボックス」が登場!ミキサー、まな板、USB充電ポートや防水スピーカーまで・・・

このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。

01.ミキサー02.Blootooth対応の防水スピーカー03.充電用USBポート04.LEDライト05.お皿とナイフ06.まな板07.ボトルオープナー08.ロープホルダー09.間仕切りプレート

クーラーボックスで
フローズンドリンクが作れる

 

85singo_photo-original

この機能だけでも革命的です。氷を砕ける充電式ミキサー機能がついており、一度の充電で22リットル程度のスムージーをつくることができます。真夏のキャンプやバーベキューでシャーベットやマルガリータが作れちゃうのは魅力ですよね。

The COOLEST」は、ただ冷たいものを運ぶだけだったクーラーボックスを、大幅に進化させたアウトドア界の超新星なんです。取り外し可能な防水のスピーカーもあり、スマホから遠隔操作して音楽を流すこともできます。レッツパーティー!

85singo_7f46a5020031892887ecaca232ebdbeb_original

85singo_7356dc6514a5b7bbd57189a16b288333_original

中にバッテリーが内蔵されているため、その電力を充電に使うこともできます。スマホやデジカメの充電がなくなりそうな時には、USBポートに接続!

85singo_ac8858e4bd9760ad2acccbcc782b654e_original

日が暮れた後に役立つ機能も。蓋を開けてボタンを押すと中を照らすライトがつくため、中身がしっかりと見えます。結構暗がりで飲み物を探すのって億劫だったりしますよね。その点これは便利そう。

85singo_faf63cb91e9f4005df4bbceca1489e36_original

さらに、移動の時にあるのとないのとでは大違いなのが、ロープを引っ掛けるための凸凹!これがあれば、力一杯ひっぱって無理にどこかにかける必要もなし。しっかりと固定できます。このあたりの設計もとても親切です。

 

移動時の転がしやすさを考えた設計も。砂地や砂利道を歩くときの持ち運びって、タイヤがうまく動かないこともあって結構大変なんですよね。でも、これなら車輪が平で、通常の2倍位の面積があるため、ビーチや砂利道でも安定してコロコロできます。

85singo_f93533ba90e25668bd1204aa2ea7fc8f_original

まだまだ機能はもりだくさん。キッチンテーブルのスペースが足りなかったりすること、ありますよね。でも、まな板もセラミックナイフもお皿も、このクーラーボックスに全部装備済!これには唸ってしまう人も多いのでは?

85singo_74a992c2b4e46673e07666dd78253da9_original

85singo_スクリーンショット 2015-08-06 14.58.29

また、ボックスの外側にはボトルオープナーも常設。瓶のドリンクを買ったのに開けるものはどこだ!なんて悩みも解消。

 

もちろんクーラーボックスとしての機能にも細やかな配慮が。中を間仕切りできるようになっており、氷と飲み物を分けることもできます。排水も可能なので水浸しにならないように氷だけとっておくこともできます。

85singo_eac872dcfcd03d058affee107714a79f_original

盛りだくさんすぎる機能を兼ね揃えたクーラーボックスはクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で紹介され、そのあまりの多機能さに多くの注目を集めたもの。すでに最初の配送が開始されています。

気になる価格は、昨年資金募集している時点の早割で165ドル(約2万円)から。残念ながら今のところはアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国にしか配送していないようです。ぜひ日本でも発売して欲しいところですよね。今後に期待しましょう!

Licensed material used with permission by courtesy of www.coolest.com

〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...