色々なところに連れて行きたい!最強のお手伝いロボット「PLEN Cube」

世の中に便利なデバイスは数多い。とくにウェアラブルカメラやドローンのジャンルは、ここ数年で一気にブレイクした感があります。が、ここで紹介するのはもう一歩先へ行く「PLEN Cube」というもの。

日本発のキュートなお手伝いロボットが、「Kickstarter」でクラウドファンディング中なのです。

動いている対象を
追いかけて撮影してくれる

ズバリこの「PLEN Cube」は、カメラを搭載した小型ロボット。顔と動いている対象を認識して、自動的に追尾しながら撮影してくれる、というもの。ちなみに画質はフルHD。

音声やジェスチャーでも
操作できる

スマホで操作できるのはもはやスタンダードですが、「PLEN Cube」はさらに、音声やジェスチャーでも操作でき、離れていても撮影可能なのだとか。

文字通り、あなたのアシスタント兼カメラマンとして、これまで複数人いないと不可能だったようなダイナミックな画が撮れちゃうのです。

360度のパノラマ撮影も可能。そのままSNSにアップ!なんてことも。

一緒にダンスもしてくれる
かわいい相棒

カメラアシスタントとしてはなかなか有能で、なんと天気を教えてくれたり、カレンダーで予定を管理してくれたり、決まった時間になったら教えてくれたりと、全力であなたの撮影をサポートしてくれます。できる!

さらに、テレビや照明、スピーカーなど、Wi-Fi・Bluetooth・赤外線でいろいろなデバイスとも連携でき、音楽だって流せます。

シンプルながら、どこか温かみを感じさせる見た目もキュートで、つい色んなところへ連れて行ってやりたくなりますね。

頷いたり首を振ったり、ときには一緒にダンスをしたり。見る人を楽しませてくれます。

この「PLEN Cube」は現在「Kickstarter」で支援を募集中。市販は449ドル(約50,000円)を予定しているそうですが、一番早いアーリーバードプランなら299ドル(約33,000円)〜。2017年10月からのデリバリーになるとか。

小さくて、どこにでも連れていけるかわいいアシスタントロボット、一家に一台いかがですか?

Licensed material used with permission by Plengoer
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
「Samsung」が発表したAI搭載の新ロボット「Ballie」は、最先端のIoT技術と連動することで、ゴミを感知して自動掃除機を稼働させたり、留守番中の...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
8月中旬、インド南部の都市バンガロールに「Robot Restaurants(ロボット レストランツ)」がオープンした。チェンナイとコインバトールでも展開...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
台湾プロ野球で話題となっているのが、楽天が所有する「楽天モンキーズ」のスタンドに現れた「ロボット応援団」。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...