レンズはなんと16個!?撮影後に「ボカシ」が入る高機能カメラ

簡単に説明すると、一眼レフの最上位機種並みの写真がスマホサイズのデバイスで撮影できます。が、この「Light L16」を説明するには、それだけじゃ言葉が足りません

まず、注目するべき機能として紹介したいのは、被写界深度を撮影後に調整できる機能。以下の動画と画像をみてください。

「ぼかし」が
撮影後に調整できる

95f91f0348771f3d42ee7b9c83189cb1da0dcb4f651bddef5ff9e7e6fa0dd536c82b75b64185a9ac

一眼レフの最も魅力的な要素のひとつが「ボケ」ですよね。全部で16個あるレンズを駆使して撮影し、最大10枚の画像を1枚に集約できるため、撮影後に被写界深度を変えてぼかしを調整できます。

もちろん本体の画面で操作可能。スマホと同じ感覚でハイクオリティな画像をつくれます。

解像度は5200万画素

A6bdc60a996ee669059f97ecdb5a6f982cb5623b

レンズが集約している見た目が特徴的ですが、大きさは見ての通り片手サイズ。にも関わらず、5200万画素という驚異的な解像度を実現できます。

最大10個の小型レンズ(ズームは35mm-150mm)とイメージセンサーで同時撮影し、その画像を掛け合わせることで高画質化と低ノイズ化が可能。夜景もきれいに。

0ee12f2bf8a9a17ad3de032a9867912e0db3430f

4K動画も撮影可能
Wi-Fiにも接続!

Dd8774e50fdda5a9ca5fa51fc1aed1ae0e586ff457188f14e1b6605b2607882eddb69531d006a420

これだけの機能を持った上で、動画撮影機能までついています。さらに、データはWi-Fiを使って送信可能。つまり、スマホのカメラ機能が極限にまで高められた感じ。

2016年の夏に配送開始予定で価格は1,699ドル(約20万円)とはっきり言って高いんですが、10月15日時点では事前予約することで400ドル(約4万7500円)のディスカウントが受けられます。

今のところアメリカ国外への配送は予定していません。が、世界最新のデバイスに触れるという意味では、無視しがたい強烈なインパクトを持ったカメラと言えそうです。

Licensed material used with permission by Light
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
米造形作家による作品です。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
その重さ、わずか500g。スマホでの操作も簡単で、なんと4K動画まで撮影できる。そんな驚くべき機能を備えた、プロ仕様のドローンが登場した模様!スマホ操作・...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
一眼レフのレンズを何個も持つ人なら分かるかもしれません、この悩み。持ち運びとレンズ交換が意外と大変なんですよね。シャッターチャンスを逃さないためにも、簡単...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
小学生の頃、理科の実験でよく使った顕微鏡。普段は見ることの出来ないミクロの世界を始めて見た時は、感動したものです。ただ、顕微鏡を使っていたのは大体屋内。観...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
カメラを手に入れたら、色々な機能を試してみたいものですよね。もちろんスマホのアプリも便利でいいのですが、ここではレゴブロックのように組み立てながら遊べるカ...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
テレビや冷蔵庫、炊飯器など、特に家電に目立つのが、機能が多すぎて結局ほとんど使わないっていうオチ。それなのに最新テクノロジーが満載だったりするから、価格は...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...