レンズはなんと16個!?撮影後に「ボカシ」が入る高機能カメラ

簡単に説明すると、一眼レフの最上位機種並みの写真がスマホサイズのデバイスで撮影できます。が、この「Light L16」を説明するには、それだけじゃ言葉が足りません

まず、注目するべき機能として紹介したいのは、被写界深度を撮影後に調整できる機能。以下の動画と画像をみてください。

「ぼかし」が
撮影後に調整できる

一眼レフの最も魅力的な要素のひとつが「ボケ」ですよね。全部で16個あるレンズを駆使して撮影し、最大10枚の画像を1枚に集約できるため、撮影後に被写界深度を変えてぼかしを調整できます。

もちろん本体の画面で操作可能。スマホと同じ感覚でハイクオリティな画像をつくれます。

解像度は5200万画素

レンズが集約している見た目が特徴的ですが、大きさは見ての通り片手サイズ。にも関わらず、5200万画素という驚異的な解像度を実現できます。

最大10個の小型レンズ(ズームは35mm-150mm)とイメージセンサーで同時撮影し、その画像を掛け合わせることで高画質化と低ノイズ化が可能。夜景もきれいに。

4K動画も撮影可能
Wi-Fiにも接続!

これだけの機能を持った上で、動画撮影機能までついています。さらに、データはWi-Fiを使って送信可能。つまり、スマホのカメラ機能が極限にまで高められた感じ。

2016年の夏に配送開始予定で価格は1,699ドル(約20万円)とはっきり言って高いんですが、10月15日時点では事前予約することで400ドル(約4万7500円)のディスカウントが受けられます。

今のところアメリカ国外への配送は予定していません。が、世界最新のデバイスに触れるという意味では、無視しがたい強烈なインパクトを持ったカメラと言えそうです。

Licensed material used with permission by Light
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
このレンズがあれば、穴に入れたり隙間に差し込んだりして撮影するのも可能。動物や虫、モノや果物をまるで映画のワンシーンのように撮ることができますよ。
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。