寒がっていたら、「音声アシスタント」がまさかの優しさを見せた

『Google Home』や『Amazon Alexa』など私が知る限りだけど、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。

なのに、B-Reelが開発した「Sammi(サンミ)」は、ちょっと気分屋なところがある。なぜかというと“彼女”は、スウェーデンのおばあちゃんの人格を意識してつくられているのだ。

おばあちゃんと、
「おしゃべり感覚」な毎日

女性:「Sammi、会議室を15時に予約して」

Sammi:「人に何か頼むときは何て言うの?」

女性:「お願いします」

男性:「ねぇSammi、カニエ・ウェストの曲をかけてくれない?」

Sammi:「わかったわ。良い曲かけてあげるから」

《全く違う、民族音楽を再生》

男性:「!?」

男性:「Sammiは、私たちが寒くないように温かくしてくれます」

サンミ:「マフラーを編んであげるわ」

 《手編みのマフラーの柄をプリントしてくれた》

男性:「彼女は、私たちを幸せな気持ちにしてくれます」

《お酒のイラストをプリント中…》

おせっかいだけど、
「優しい」AIアシスタント

ちょっと厳しいところもあるんだけど、Sammiから優しさを感じてしまった。あえて“完璧ではない”音声アシスト機能を開発した理由をB-Reelに聞いてみたところ。

AIアシスタントはワクワクする新技術。でも、「人格」が欠落していると感じました。

 

人格をどうやって入れるのか迷っているとき、私たちは自分たちの原点であるスウェーデンに戻ることにしました。Sammiのモデルは、スウェーデン人のいろんなおばあちゃんを混ぜ合わせたもの。

 

私たちが寒がっていたら温かくしようとしたり、ちゃんと礼儀正しくしているかを確認したり。さらに、食事をしているかも気にかけてくれて、私たちが聞いてもいないのに「人生のアドバイス」をしてくれます。

Sammiに限らず、どんどん進んでいくAI技術。いつか本当に「感情」を持ったAIが登場するのでは……と、そう思うのは私だけだろうか?

Licensed material used with permission by B-Reel
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
いま話題となっている『ホーム・アローン』✕「Googleアシスタント」の動画。大人になったケビンが、Googleアシスタントで泥棒を追い返す様子が描かれて...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
世の中に便利なデバイスは数多い。とくにウェアラブルカメラやドローンのジャンルは、ここ数年で一気にブレイクした感があります。が、ここで紹介するのはもう一歩先...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。