あなたの言いなりになってくれる「照明」。

程度の差はあれど、生活をする上で手間のかかることを改善してくれる、テクノロジーを利用した「家電」。これから紹介する製品は、ほんの少しだけ面倒なことを省いてくれます。

でも、毎日使うものだからこそ、小さな変化でも「便利だ」と思うんだろうな〜。

自分の声で
オン/オフをコントロール

8d0abfa284196cc1ae7a8b61aee958c1bb13a257Ab74f3ab6a7a76dcd2235fbf458b2109fddf876d

Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り換えるだけだそう。(ただし、 日本で設置するときには、「電気工事士」の資格が必要。)

例えば、映画などを見始めたときに、「少し電気を暗くして」と言えば、好みの明るさに調節できます。

0e65ee49532459a09e6e68e91bf55c851d7404c792ca33ddd6cce3ae4f7290972add86ab5bb9b998

ちなみに、スマホからも操作ができるし、モーションセンサーが搭載されているので手でもコントロール可能なんだとか。

自動的に明かりをつけてくれるライトはあるけど、オフするためにはタイマー設定が主流だから、声で調節できるのは、少しラクになるかもしれません。他のエアコンやヒーターなどの家電への応用も期待してしまいます。

Licensed material used with permission by Kleverness(HP), (Kickstarter)
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。