あなたの言いなりになってくれる「照明」。

程度の差はあれど、生活をする上で手間のかかることを改善してくれる、テクノロジーを利用した「家電」。これから紹介する製品は、ほんの少しだけ面倒なことを省いてくれます。

でも、毎日使うものだからこそ、小さな変化でも「便利だ」と思うんだろうな〜。

自分の声で
オン/オフをコントロール

Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り換えるだけだそう。(ただし、 日本で設置するときには、「電気工事士」の資格が必要。)

例えば、映画などを見始めたときに、「少し電気を暗くして」と言えば、好みの明るさに調節できます。

ちなみに、スマホからも操作ができるし、モーションセンサーが搭載されているので手でもコントロール可能なんだとか。

自動的に明かりをつけてくれるライトはあるけど、オフするためにはタイマー設定が主流だから、声で調節できるのは、少しラクになるかもしれません。他のエアコンやヒーターなどの家電への応用も期待してしまいます。

Licensed material used with permission by Kleverness(HP), (Kickstarter)
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。