見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

まるでSF映画に出てきそうな、ちょっとファニーなデザイン。

「Alien Torchere」と名付けられたこのランプは、まるであなたの家に迷い込んだ宇宙人のよう(でしょ?)。SFファンの人は何だか懐かしい気持ちに駆られ、子供部屋においてもきっと可愛い!(コワいかw)

おトボけな見た目だけど、
以外と実用的。

何と言っても特徴は、その形と青いインレイ。

部屋に青い照明って、なかなか取り入れる機会がないと思いますが、パッと目を引くアイテムがひとつあるだけでインテリアの雰囲気がガラッと変わってリフレッシュできそう。

明かりを灯すとこんな感じ。照明部分がカバーされているので、優しい光が部屋の一部を照らし出します。ウッディーな印象もやわらかさを強調して◎。

見知らぬ宇宙人が薄明かりで出迎えてくれる。なんて雰囲気がアリな人向け。

「Alien Torchere」はまだ商品化はされていないようですが、これから実用化され、SF好きの部屋を飾る日もそう遠くはないかも。日々にちょっと新鮮なアクセントが欲しい、“未知との遭遇”を楽しみたいという人に、おすすめしたい間接照明でした。

Licensed material used with permission by Dmitry Grigoriev and Alexey Zudin
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
ゲッ!写真を見るなり、そんな声を発してしまった。だって、キモいし、グロい。そのカタチは、まるで映画『エイリアン』で登場するフェイスハガーそのもの。つまり、...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴び...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...