暗闇にともる、「Lamp Plant」のやさしい葉明かり

必ずしもそれだけが「おしゃれな部屋」の定義ではないんだけど、間接照明と観葉植物のセレクトには、なぜだかこだわりが抜けない。本当ならば陽の光をいっぱいに浴びさせてあげたい、だから窓際がいいに決まっている。それでも白壁に伸びる葉っぱの陰影を楽しんだり。とまあ、こんな具合に。

そんなどっちも大好き人間からすれば「こういうの待ってた!」とは、正直に言ってしまうとならない、はずなのに…。このプランツ、意外と言っては失礼だけど美しいのですよ。

このプランツは、

Fcbf117cffcf7a188cb224078fe7e268439d36bb

暗闇にぼうっと咲く。

Fdbcbefae03f15939c36a1b45886c696150a5811

インダストリアルデザイナーMariana Fernandez Folbergがクリエイトしたのは、暗闇のなかで白熱の光を放つ植物「Lamp Plant」。

「なーんだ、植物に似せたランプか」、これで片付けてしまうことも確かにできる。けれど、植物たちが自然と形づくる葉の構造や茎の生え方、無駄のない自然界の機能性に目を向けて、日々そこからインスピレーションを得てデザインに落とし込んできたというMarianaには、植物(自然)と照明(プロダクト)、この相反するふたつが融合する瞬間が見えていたに違いない。ちょっと大げさだけど、こう信じてみたい。

LEDの明かりが水代わりに
葉脈を伝っていく

51e91db3dd0a53adf2b35e6c121ad66cc3f71e72

部屋の明るさにトーンをつくるのと同時に、雰囲気を演出させる照明。対して観葉植物には、みずみずしさや鮮度だけでなく、生命が呼吸するあたたかみを空間に与えてくれるもの。この両方のエネルギーを、ちょうどやさしく中和してくれるのがこのLamp Plantなんじゃないかな。

アクリルで表現された葉っぱは、ひと葉ごとに薄く葉脈(ようみゃく)がきちんと彫り込まれている。もちろん見た目の印象だけじゃない。水の代わりにLEDの明かりがここを通るとき、複雑な自然界の表情が顔をのぞかせる仕掛けだ。さらにこのアクリルの葉、一枚ずつ好きなように曲げて表情をつくることもできるんだそう。

夜に見頃を迎える
LEDの葉明かりをどうぞ

3371e2dceb4359b903eddc57889b675c6e8aa8001f342c130dd81b2ab0d9def2fdd2666275a5f42d

ちなみに芝生に見えるポット内のグリーンはもちろんイミテーション。それでも、これだけでも十分に“らしさ”があるではないか。

ウェブサイトを見た感じ、Lamp Plantの種類はモンステラにサンスベリアにストレリチアだろうか、手のひらサイズのポットから大きめの鉢まで、葉の数やサイズにかわせてこちらも多彩。もし興味があればこちらから。一度その目でやさしい“葉明かり”をのぞいてみるといいかも。

Licensed material used with permission by Marina Folberg
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...