「月」をそのまま照明にした、インテリアが美しい

月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。

夜空の月明かりを
そのまま間接照明に

夜空を見上げて月を見るだけで、どこか不思議な安堵感やロマンチックな気分を感じる人も多いもの。古来より、月は神秘の象徴です。
この月の魅力をそのままミニチュアサイズに模したのが、球体型のランプ「Luna」。夜空から、そのままあの優しい明かりを「間接照明として部屋の中に」というのがコンセプト。台湾のデザインチーム「Acon Studio」が制作しました。

心を照らす
自分だけの月明かり

IMG_2355

モノゴトが上手くいかず、むしゃくしゃすることがあります。そんなとき夜空を見上げることがあるでしょ?でも、このライトがあれば、部屋にいながらにして気持ちを落ち着かせたり、思索にふけったりもできる。どんなにイライラしていても、優しく、暖かく、そっと心を包み込んでくれるよう。月の持つ不思議な魅力って、そんなところにあるのかも。

「私たちの生活空間は、その時の心理や感情によって明るさにも大きく影響を与えます。私たちはずっと、人と空間との相関関係を模索してきました」

CEOのAngus氏をはじめAcon Studioスタッフの想いが、このミニチュアの天体に内包されている。なんだか、そんな人の優しさを感じさせる明かりに見えてくるから不思議なんです。

電気を消して
お風呂に浮かべたり

IMG_8086

ガラス繊維とラテックスゴムを組み合わせることで、月面の複雑な表情を巧みに再現した「Luna」。手のひらに乗る3.2インチのサイズから、大きいものはリビングの床に間接照明として直接置けるもの(23.6インチ)まで。いずれもハンドクラフトのため、クレーターの文様が若干、違うのもミソだとか。
ローソクの 炎(1ルクス)ほどの明かりから、本が難なく読める程度の明るさ(5ルクス)まで調光が可能です。気分に合わせて月光を変えられ

さらにはこんな使い方まで。
例えば、真っ暗なお風呂にLunaを浮かべて楽しむことも?公式サイトのFAQには、「ブラシを使って水洗いしてもOK」と、優れた耐水性を紹介しています。リラックスできることこの上なしですね。

出資開始から1週間で
およそ2,000万円獲得

IMG_2379

すでにコンサート会場やミュージックビデオなど、一部商業利用を開始しているLuna。2016年春の発売を目指して、クラウドファウンディング「indiegogo」より、9月1日に出資者募集を開始したばかりなんです。これが、わずか1週間あまりで目標額の半分に届こうかという、160,000ドル(約1,925万円)を集めてしまう人気ぶり。現在、ハロゲン電球からLEDへのグレードアップ資金を得て、急ピッチで調整中だそう。

部屋にいながらにして、好きなときに月を愛でる。コレは素敵でしょ!

Licensed material used with permission by ACORN Studio , BACKER-FOUNDER

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
写真は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。3月6日(火...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
この「MOON+SUN」は、NASAの月探査機「Orbiter」のデータを元に1/2千万スケールで製造された月球儀。このこだわり、人によってはものすごくグ...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。