「宙に浮かぶ電球」の中毒性に気をつけろ。

私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよく見かけるようになった。

別に、それ自体は宙に浮く必要なんて全くない。でも、あえて生み出された不安定さ、アンバランスさに、自然と目を奪われる。

…とか、かた〜い話は抜きにして、水中のクラゲを見ているような感覚で、ぼ〜っとどうぞ。

ただただ、眺めてください。

74131bab0b1e62217065222013cde601d2c4029cBe228bf1b2efca89b01f51ec4eb7a9ab667aa6e1

こちらが宙に浮く電球、その名も「FLYTE」。おそらく、FLYとLIGHTを合わせたネーミングだろう。電球とボードの両方に搭載された磁石が反発することで点灯、浮遊しながら、暗闇をそっと照らしてくれる。

B22819471af7680baad49827b377cdca2738392b

印象的なのは、複数を同時に使用した場合。すべてが一定のスピードで回転するわけではなく、個体差があるよう。その統一感のないリズムすら、もはやポジティブに受け止められる。

Bc6860485a4a054bd6b3f023c74559fdce9f968e

ただただ、ぼ〜っと見ていられる不思議な中毒性。

5a9764711b1dced9c4e4ec8ea41ab764d70fa8e1

ワンちゃんも興味津々。

ON/OFFは、ただ触れるだけ。

7fa297eaa8357e53eef31301762ccd40a7c816a5

見てのとおり、木のボードへのタッチで、電源のON/OFFを切り替えられる。ちなみに、LEDを採用しているため、1日12時間で約11年間使用可能と高寿命だ。

Ed8096a90fe43fd4cb693d5c7abde5b2c434be9c

公式HPによると、国内の取り扱い店舗は、「MoMAデザインストア」と「二子玉川 蔦屋家電」。表示価格は349ドルなので、4万円前後で販売されているのではないだろうか。

正直、そこそこ高額な印象。だけど、これからの季節は部屋の中よりもベランダに置いて、夜風に吹かれながらチルなんて良さそう。

Licensed material used with permission by FLYTE, (Facebook), (Twitter)
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
LEDと比較すると、消費電力が少ないわけでも寿命が長いわけでもない。普通に考えれば、そんな照明は市場から淘汰され、購入の選択肢にはなり得ないもの。にもかか...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
物思いにふけりたいとき、ふと夜空に浮かぶ月を見上げることがあります。その明かりがロマンチックなだけでなく、こちらの悩みを吹き飛ばして安心感を与えてくれる気...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...