【未来のインテリア】スピルリナが増殖する照明器具がスゴい!

スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、アメリカ航空宇宙局(NASA)が“未来の食糧”として、研究を始めているのも有名な話です。

建築デザイナーのJacob Douenias氏と、工業デザイナーEthan Frier氏が共同開発した「Living Things」は、ひと言でいえば「スピルリナを育てる家具」です。現在、米ピッツバーグの現代美術館に展示されているインスタレーションですが、近い将来、家庭のインテリアとなり得る可能性を十分に秘めています。

MF_Jacob-Ethan_LivingThings-7693

Living Things」は、スピルリナの栽培装置を照明器具と同化させ、さらにはサプリメントとして粉末状スピルリナを作り出すことができる循環型プラント。
制作者の Douenias氏は、米メディア「Fast Company」の記事の中で、開発の着想をこう語っています。

「自分たちが必要としていないもの、不要と感じるものをリサイクルすることで、どうやったら補足食料を作りだせるかということに注目しました。この顕微鏡でしか見えないような微生物の世界を視覚化するには家具がいいと思ったんです」

MF_Jacob-Ethan_LivingThings-7909

MF_Jacob-Ethan_LivingThings-7761

LEDランプが内蔵された花瓶型の容器には、微生物とスピルリナが共生しており、家庭で出る熱とランプの光、そして二酸化炭素を媒体にして成長する仕組み。スピルリナをはじめ藻類は、わずか1日で、倍量になるほど成長スピードが早い植物。顕微鏡レベルでしか見えませんが、成長するに従ってどんどんとタンパク質に変化していきます。

スクリーンショット 2015-07-15 16.07.07

こうして、成長させたスピルリナを容器から取り出し、専用の濾過器にかけると緑の液体が、およそ60%のタンパク質を含むサラサラの粉末状に姿を変えます。もちろん、料理にもそのまま使える自家製サプリメントが出来あがるのです。

MF_Jacob-Ethan_LivingThings-7920

藻は再生可能な資源であるにもかかわらず、微生物研究においてほとんど未開発なままでした。
水槽をイメージして作られた容器は、ちゃんとインテリアとして洒落心を感じさせるところがいいですよね。

Photos by: Tom Little
Reference:Fast Company
Licensed material used with permission by  Living  Things

「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
写真は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。3月6日(火...
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。